皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 9:00~21:00
(年末年始を
除く)

無  料プロに相談

【ワクチンの職域接種完了】当社のコロナ対策について

チョイ悪親父のためのハードボイルドな保険の付き合い方 チョイ悪親父のためのハードボイルドな保険の付き合い方

11チョイ悪親父なら知っておくべき商品知識 個人年金保険編

掲載日:2015年01月15日

みんな、元気かい?ジローだ。早いものでこのコラムももう11回目だな。これからも一癖、二癖あるハードボイルドな切り口で、保険との付き合い方を指南していくから、楽しんで読んでくれよ。

さて、今回のテーマは「個人年金保険」だ。「個人年金保険」とは、読んで字のごとく、個人が自身の年金を準備するために利用する保険だ。ここ最近は人口減少や少子高齢化もあり、公的年金制度だけでは不安を持つ人も少なくないが、個人年金保険はそんな年金制度を補完する役割も果たす。だからこそ、加入する際には目的を明確にし、かつ長い目で見た判断が大切だ。

◎最もメジャーな「税制適格特約」付き個人年金保険

一般的に個人年金保険は、60歳ないし65歳まで一定額を積み立てて、積立終了から一定期間、年金を受け取る形になっている。中でもよく利用されるのが、「税制適格特約」付き個人年金保険だ。

これは、

  • (1)年金受取人が、契約者または契約者の配偶者である
  • (2)年金受取人と被保険者が同じ
  • (3)10年以上の払い込み期間がある
  • (4)確定年金の場合、年金支払開始年齢が60歳以上かつ、年金受取期間が10年以上

という条件を満たすことで、確定申告や年末調整の際、年金保険料控除を利用できる仕組みだ。
運用で増やすだけでなく、税負担の軽減メリットも得られるってわけだ。低金利の影響で運用環境が好転しない現在、税負担の軽減メリットはかかせないポイントだからな。

◎これからの個人年金選びに大切なポイントとは?

だが、これからの日本が進む道を考えた場合に、税負担の軽減の効果以上に押さえておかなきゃならねえポイントがある。それが、「物価上昇(インフレ)への備え」だ。

実は個人年金保険には、定額個人年金保険と変額個人年金保険の2種類がある。定額個人年金保険は契約時に将来の年金受取額が決まるので、安全確実に受け取れる。だが、その一方、物価が数十年後に大幅に上昇した場合には、約束した年金額では不足する可能性もある。物価が上昇するってことは、そのぶん貨幣価値が目減りするってことだからな。

それに対し、変額個人年金保険は保険料を特別勘定で運用するので、例えば株式型の特別勘定で運用していれば、物価上昇の際もおおむね連動して評価額が上昇し、数十年後も今と変わらぬ貨幣価値を維持することができる。もちろん元本割れのリスクはあるから、バランスが大切となる。時間を味方につけ、じっくり運用することも欠かせない。

つまり、これからの日本、物価上昇(インフレ)への道を進むと想定される日本を考えれば、個人年金保険も定額ものと変額ものを上手に組み合わせることが重要だ。目先の元本保証を重視しすぎて、将来の物価上昇(インフレ)リスクに備え忘れのないように気をつけなよ。

チョイ悪親父は老後のバカンスを楽しむためにも、老後資金も上手く貯めていくもんだぜ。

ジロー・デ・ラーモンの画像

コラム執筆者プロフィール

ジロー・デ・ラーモン
シングルモルトと女性をこよなく愛するアラフィフ世代。
保険とのつきあい方に対し、常に一癖ある批評を唱える。
以前はヘビースモーカーだったが、タバコを嫌う女性が増えたことから現在は禁煙中。
愛読書は「LEON」と「男の品格」。

執筆協力・監修 奥田 知典 山本 俊成

  • ※この記載内容は、当社とは直接関係のない独立したファイナンシャルプランナーの見解です。
  • ※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 9:00~21:00(年末年始を除く)

メルマガ登録をして保険市場がご案内する各種コラムの更新情報やお得なキャンペーン情報を受け取ろう!

メルマガご登録はこちら

ご登録アドレスは大切にお預かりし、保険市場メールマガジンの配信にのみ利用します。

閉じる

店舗で保険のプロに無料相談!

全国714店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2021年9月23日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

9:00~21:00(年末年始を除く)

2021年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲