皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

当日予約OK!お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-318 受付時間 9:00~21:00(年末年始を除く)
無料

ファイナンシャルプランナーが語る!「保険の本当の話」 ファイナンシャルプランナーが語る!「保険の本当の話」

01

ライフステージごとの保険選びのポイント

人生を生きていくにあたり、独身時代、結婚したとき、子どもが生まれたとき、住宅を購入したとき、退職したとき等、ライフステージはさまざまな変化をしていきます。

人間が子どもから大人に成長していくにあたり食べ物や着る物が変わっていくように、保険についても最適な保障を保ち続けるためには、ライフステージの変化に合わせて保障内容や保障額の見直しをしていく必要があります。

例えば死亡したときにもらえる死亡保障。死亡保障は残された家族の生活費や住居費、子どもの学費負担に備えるために加入します。結婚・子ども・住宅の有無、子どもの数や残された人生の年数によって必要な保障額は大きく変わってきます。

また、ライフステージが変化しても変わらない物もあります。
例えば葬式代といった死後整理資金を目的とする終身保険や、入院費の備えとして加入する医療保険、がんへの備えとして加入するがん保険はライフステージの変化により家族の形や年齢が変わっても、変わらずに必要な保障になります。

以下ライフステージごとの保険について簡単にまとめてみました。

独身時代

生きている間の保障として入院やがんに備える医療保険やがん保険への加入を検討するといいでしょう。特別な事情がない限り、大きな死亡保障は必要ないかもしれません。収入に余裕があれば、個人年金保険による老後資金への備えを検討してもいいでしょう。

結婚したとき

共働きの場合は生きている間の病気への備えとしてお互いに医療保険やがん保険を検討するといいでしょう。奥様が専業主婦の場合はご主人の万一の場合に備え、奥様のその後の生活を補うための死亡保障を検討しましょう。

子どもが生まれたとき

死亡保障について一番検討しなければならない時期です。万一があった場合に残されたお子さま、奥様のため、死亡保障についてしっかりと準備してください。併せてお子さまの教育費のための学資保険も検討しましょう。

住宅を購入したとき

住宅を確保したため、ご主人様に万一があった場合の住居費負担がなくなります。死亡保障を減らせる可能性があるので見直しをするといいでしょう。

退職したとき

既にお子さまが独立されているのであれば、葬式代に備える死亡保障と老後の医療負担に備える医療保険やがん保険について検討しましょう。

保険は加入するときも大事ですが、それを管理していくことの方がもっと大事です。常に最適な保障内容に調整することでより効率的で安心した保険となります。
ライフステージに変化があったら、是非保険の見直しを検討してみてください。

コラム執筆者プロフィール

山本 俊成の写真

山本 俊成(ヤマモト トシナリ) (マイアドバイザー.jp®登録)

ファイナンシャルプランナー。大学卒業後、株式会社三和銀行(現三菱UFJ銀行)入社。
2003年、外資系生命保険会社入社。2005年、総合保険代理店株式会社ウィッシュ入社。
2010年、株式会社ファイナンシャル・マネジメント設立。
銀行と保険会社に勤めていた経験を活かし実務的なコンサルティングを行う。

  • ※この記載内容は、当社とは直接関係のない独立したファイナンシャルプランナーの見解です。
  • ※本記事は、2012年06月15日に掲載された記事です。そのため、記事内容は掲載日のものであり、現在と情報内容が異なっている場合がございますので、本記事の閲覧・利用等に際しては、ご注意ください。

メルマガ登録をして保険市場がご案内する各種コラムの更新情報やお得なキャンペーン情報を受け取ろう!

メルマガご登録はこちら

ご登録アドレスは大切にお預かりし、保険市場メールマガジンの配信にのみ利用します。

閉じる

店舗で保険のプロに無料相談!

全国705店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2021年5月17日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2021年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲