アドバンスクリエイトは
東京証券取引所市場第一部銘柄指定
から1周年を迎えました。

当日予約OK!お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-318 平日9:00~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

ファイナンシャルプランナーが語る!「保険の本当の話」 ファイナンシャルプランナーが語る!「保険の本当の話」

02

生命保険は誰から入ればいいの?(1)

掲載日:2012年07月12日

「保険に入ろう!」と思っても「じゃあどうやって入ればいいの?」と疑問に思われる方は多いのではないでしょうか。生命保険への加入を検討する場合、一昔前は職場に保険営業の女性が来てというのも多かったかもしれませんが、今は様々な加入ルートがあります。

今までのように名刺に○○生命と書かれた一社専属の保険コンサルタントに加え、複数の保険会社商品を取り扱う保険代理店のコンサルタントもおり、また来店型ショップや通信販売、インターネット生保も一昔前に比べかなり活用しやすい環境になっています。

今後2回にわたり、それぞれの生命保険加入ルートについて述べたいと思います。

一社専属の保険コンサルタント

昔からある営業スタイルで、所属している保険会社の取り扱える商品のみで保険設計をします。バリエーションのある保障内容や保険料を複数の保険会社が提供している現在、商品力という点では確実に難があります。このルートから加入される方はコンサルタントの提案力に加え、人柄等で判断すると良いでしょう。

保険代理店のコンサルタント

複数の保険会社の商品を扱い保険設計をします。複数といっても代理店によって取扱社数が60社近くあるところもあれば数社のところもあります。商品力があるのは魅力ですが、担当したコンサルタントがそれら複数の保険商品をすべて理解して扱えるかどうかはコンサルタントのスキルに依存するところがあり、提案能力含めどの方から加入するのかを選ぶことが難しいでしょう。少なくとも一社専属の保険コンサルタントに相談するよりは選択肢が広がるでしょう。

独立系ファイナンシャルプランナー

保険会社や保険代理店に所属していないことで、商品販売をしていないことから中立的なアドバイスが期待できます。そのため保険会社の商品に限らず共済や貯蓄を活用するなど、保険以外での解決方法を幅広くアドバイスしてもらえます。ただ保険会社に所属していないということで商品知識が低い方が多く、ファイナンシャルプランナーによっては保険提案経験が少なかったり提案スキルが低かったりする方も多くいます。相談することで相談料がかかる点も注意しなければなりません。やはり誰に相談するかが決め手になるでしょう。

次回は来店型ショップや通信販売、インターネット生保について述べたいと思います。

コラム執筆者プロフィール

山本 俊成の写真

山本 俊成(ヤマモト トシナリ) (マイアドバイザー.jp®登録)

ファイナンシャルプランナー。大学卒業後、株式会社三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入社。
2003年、外資系生命保険会社入社。2005年、総合保険代理店株式会社ウィッシュ入社。
2010年、株式会社ファイナンシャル・マネジメント設立。
銀行と保険会社に勤めていた経験を活かし実務的なコンサルティングを行う。

  • ※この記載内容は、当社とは直接関係のない独立したファイナンシャルプランナーの見解です。
  • ※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

メルマガ登録をして保険市場がご案内する各種コラムの更新情報やお得なキャンペーン情報を受け取ろう!

メルマガ『保険道場』ご登録はこちら

ご登録アドレスは大切にお預かりし、保険道場(メールマガジン)配信にのみ利用します。

閉じる

店舗で保険のプロに無料相談!

全国317店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2017年9月26日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 10:00~18:00
(年末年始を除く)

2017年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!
LINEでかんたん!お客さま情報の照会サービスはじめました!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲
チャットで質問する チャットで質問