皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

相談する

引受保険会社 ライフネット生命

働く人への保険2 就業不能保険(2016)

  • 通販
  • 対面
  • ネット申込
  • 法人
  • 保険市場オリジナル

商品概要

  • 病気やケガでの長期間の就業不能状態には、就業不能保険で備えを!
  • 就業不能給付金は月額10万円から50万円。
  • 毎月受け取る給付金額を5万円単位で選べます。
  • 加入時から保険期間満了まで、保険料は上がりません。

「働く人への保険2」の保障内容

保障内容

就業不能給付金

被保険者が病気やケガで所定の就業不能状態になり、その状態が支払対象外期間を超えて継続している間、最長で保険期間満了までお支払いします。

就業不能状態とは、以下の入院または在宅療養をしている状態をいいます。

<入院>
病気やケガの治療を目的として、日本国内の病院または診療所において入院している状態。
<在宅療養>
病気やケガにより、医師の指示を受けて、日本国内の自宅等で、軽い家事および必要最小限の外出を除き、治療に専念している状態。
ただし、梱包や検品などの軽労働または事務などの座業ができる場合は、在宅療養をしているとはいいません。
  • ※ 被保険者が死亡した後は、いかなる場合でも就業不能状態とはいいません。
  • ※ 「うつ病」などの精神障害が原因の場合や、「むちうち症」や「腰痛」などで医学的他覚所見がみられない場合は、お支払いの対象外です。
  • ※ 就業されていた元のお仕事(現職)に復帰することができない場合に、給付金が支払われるわけではありません。

所定の就業不能状態に該当しなくなった場合、就業不能給付金のご請求は対象外となります。

高度障害給付金 病気またはケガで所定の高度障害状態になった場合は、高度障害給付金を支払い、保険料の払い込みを免除します。

特約の取り扱いはありません。
また、この保険には満期保険金や配当、解約返戻金、死亡時の保障はありません。

就業不能給付金について

設定可能な就業不能
給付金月額

10万円~50万円(5万円単位で設定可能)

  • ※ お申し込み時点の年収によって、就業不能保険給付金月額に上限があります。
  • ※ 保険期間途中での就業不能給付金月額の減額が可能です。
就業不能保険をお申し込みいただける方

就業不能保険「働く人への保険2」は、安定した勤労所得のある方と主婦・主夫の方のみお申し込みいただけます。

学生、年金生活者、資産生活者、無職などに該当される方はお申し込みいただけません。また、年収100万円以下の方(主婦・主夫は除きます)もお申し込みができませんので、あらかじめご了承ください

就業不能保険「働く人への保険2」のお申し込み時に、年収証明書類(給与明細書、確定申告書など)を提出いただく場合があります。
なお、就業不能給付金をご請求の際には所得を証明する書類のご提出が必要になります。

「年収」とは、以下のとおりです。
  • 会社員(契約社員、派遣社員含む)・会社役員、公務員、フリーター・パート・アルバイトの場合
    職業によって得られる額面の年収(各種社会保険料、税金などを差し引く前の金額)
  • 自営業の場合
    職業によって得られる事業所得

高度障害給付金について

高度障害給付金

就業不能給付金月額×10

高度障害給付金の給付は保険期間を通じて1回です。

保険料払込免除 高度障害給付金の支払事由に該当した場合、将来の保険料の払い込みを免除します。

保険料と払込について

契約可能年齢と保険期間

契約可能年齢 20歳~60歳
保険期間

55歳満了、60歳満了、65歳満了、70歳満了

年齢によってお選び頂ける保険期間が異なります。

支払対象外期間について

設定できる
支払対象外期間

就業不能状態になってから60日、180日

就業不能状態となってから60日または180日(申込時にお客さまが選択された期間)は、就業不能給付金の保障の対象外です。

  • ※ 新たに就業不能状態となった場合は、その都度、支払対象外期間が適用されます。

就業不能給付金の受け取り方について

就業不能給付金の受け取り方は、以下の2種類から選べます。

就業不能給付金の受け取り方
  • ※ 標準タイプ(A型)において、新たに就業不能状態となった場合は、その都度、「支払対象外期間」が適用されます。
  • ※ ハーフタイプ(B型)において、新たに就業不能状態となった場合は、その都度、「支払対象外期間」「支払削減期間」が適用されます。
  • ※ 所定の就業不能状態に該当しなくなった場合、給付金のお支払いは止まります。

ご契約形態について

契約形態

ライフネット生命は、保険を申し込む方(契約者)、保険の対象となる方(被保険者)、お支払口座やクレジットカードの名義人(保険料負担者)が同一の契約のみ、お取り扱いしております。

そのため、お問い合わせは契約者ご本人さまからお願いいたします。

  • ※ 法人契約については現在お取り扱いしておりません。
  • ※ お申し込みはご契約者さま本人でお手続きしてください。
健康診断書の提出

給付金額によっては、ウェブサイトの申し込み画面で、健康状態の質問事項にお答えいただくだけで申し込むことができます。

  • ※ 就業不能給付金月額が30万円以上の場合は、定期健康診断の結果表(コピー)をご提出いただきます。
  • ※ 傷病歴や健康診断での異常指摘歴がある場合には、保険種類や保険金額・給付金額にかかわらず、定期健康診断の結果表(コピー)などをご提出いただく場合があります。

ご契約の引き受けについて

契約の引き受け 契約者間の公平性を保つため、ご職業、年収、身体の状態など、給付金のお支払いが発生するリスクに応じて引き受けを行っています。そのため、申し込み後に、給付金額に上限を設ける場合や、特別条件(特定疾病・部位不担保法、特定障害不担保法)を付ける場合、お引き受けできない場合があります。
注意事項
  • 海外にお住まいの場合(海外赴任、移住など)は、お申し込みいただけません。
  • 申し込み日から30日以内に契約手続きが完了しない場合、申し込みは取り消されます
    • ※ 契約に必要な書類は、申し込み時に登録した居住地(住所)に郵送します。そのため、申込後すぐに海外に行かれる場合は、ご帰国後にお申し込みください。
  • 就業不能保険給付金は、日本の医師の資格を持つ者の診断書によって所定の就業不能状態が証明されている場合にご請求いただけます。そのため、海外での入院、日本の医師の指示によらない在宅療養は給付金支払いの対象外となります。

日本国内に居住されている場合は、国籍にかかわらずライフネット生命の保険にお申し込みいただけます。
ただし、保険契約の約款、重要事項などの表記や、コンタクトセンターでの対応は日本語に限らせていただいております。また、お申し込みは必ずご契約者さまご本人で行ってください。

保険金をお支払いできない場合について

代表例
  • 就業不能給付金は、所定の就業不能状態となってから、所定の支払対象外期間(60日または180日)は、請求できません。
  • 「うつ病」などの精神障害が原因の場合や、「むちうち症」や「腰痛」などで医学的他覚所見がみられない場合は、支払いの対象外です。
  • 就業されていた元の仕事(現職)に復帰することができない場合に、給付金が支払われる訳ではありません。あくまで所定の就業不能状態であることがお支払いの条件となります。
  • 責任開始時点前の病気やケガが原因の場合は、たとえ約款所定の就業不能状態が所定の支払対象外期間(60日または180日)超えて継続したとしても、お支払いできません。
  • 就業不能状態から回復した場合は、お支払いできません。
  • 正しい告知をせずに契約した場合、告知義務違反として契約が解除され、給付金を受け取れない場合があります。
注意事項:
  • ※ 「うつ病」などの精神障害が原因の場合や、「むちうち症」や「腰痛」などで医学的他覚所見がみられない場合は、支払いの対象外です。
  • ※ お申し込みいただける就業不能給付金月額には年収によって上限があります。
  • ※ この保険には満期保険金や配当、また、解約返戻金はありません。
  • ※ 学生、年金生活者、資産生活者、無職などに該当される方はお申し込みいただけません。また、年収100万円以下の方(主婦・主夫は除きます)もお申し込みができませんので、あらかじめご了承ください。
  • ※ 本ページは商品の概要を説明しています。保険商品の詳細は、「ご契約のしおり・約款」を必ずご確認ください。
  • ※ 本データは、2019年12月時点での情報をもとに作成しています。
引受保険会社
ライフネット生命保険株式会社
〒102-0083  東京都千代田区麹町二丁目14番地2 麹町NKビル

  • LN-RT-26803
募集代理店
株式会社アドバンスクリエイト
〒541-0048
大阪府大阪市中央区瓦町3-5-7
野村不動産御堂筋ビル
TEL:0120-816-316
保険市場は募集代理店株式会社アドバンスクリエイトが運営しています。
気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲