皆さまにご愛顧いただき、
「保険市場」のアドバンスクリエイトは
東証一部に上場しております。

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00 
土日祝10:00~18:00
(年末年始を除く)

相談する

年齢・性別を選ぶ

月払保険料

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00 (年末年始を除く)

迷ったらプロに相談(無料) 相談予約する

第30回目30

何のための老齢年金なのか?

老齢年金について、それぞれの考え方

「将来、老齢年金は何のためにもらいますか?」という質問に対して、自営業者さんのような第1号被保険者の方はどのようにお答えするでしょうか。もちろん、各個人で考え方は色々あるはずです。⇒ 続きを読む

第29回目29

自営業者の年金が減る!

世代間の公平を図るため、年金が減る

自営業者さんのような第1号被保険者は、平成25年度は国民年金から満額の基礎年金786,500円をもらうはずでしたが、この年金が平成25年の10月(12月支給分)からカットされることになりました。⇒ 続きを読む

第28回目28

国民年金保険料の割引制度

口座振替と現金払いによる前納制度の違い

平成25年度の国民年金保険料は15,040円/月となっていますが、自営業者さんのような第1号被保険者の方については保険料の割引制度が設けられています。その割引制度は、口座振替による前納制度、現金払いによる前納制度の2種類あります。⇒ 続きを読む

第27回目27

自営業者が従業員を雇った場合 ~事業主自身の年金~

節税しながら老後資金対策

経済的コストのことだけを考える場合、個人事業主が法人化し厚生年金保険に加入すると従業員の社会保険料負担が増加してしまいます。しかし、事業主自身の年金を考える場合、法人化するということは個人事業主のような第1号被保険者と比べて、年金制度の2階建て部分の年金が加わりますので、その分の年金が加算されるということになります。つまり、個人事業主のような第1号被保険者のみの場合に比べて、受け取り年金額が増えるということになります。⇒ 続きを読む

第26回目26

自営業者が従業員を雇った場合 ~従業員のために厚生年金保険に加入する~

従業員の同意

「厚生年金保険の強制適用事業所以外である場合は、適用事業所になることは一切無いのか?」というと、そんなことはありません。一定の要件を満たすことにより、適用事業所になることを選択することができます。⇒ 続きを読む

第25回目25

自営業者が従業員を雇った場合 ~従業員の年金はどうなる?~

どちらの被保険者になるのか

自営業者が個人で事業活動をしていくと、売上増大により法人化して従業員を雇ったり、個人事業主のままで従業員を雇ったりすることがあります。このような場合、従業員の年金についての新たな問題が発生してきます。どのようなことかというと、従業員および事業主自身が「国民年金の被保険者(第1号被保険者)になるのか?」、それとも「厚生年金の被保険者(第2号被保険者)になるのか?」ということです。そして、厚生年金の場合は、事業主として経済的な負担(厚生年金保険料)が発生するということです。⇒ 続きを読む

~ 前回までのコラム ~


資料請求したい方はこちら

個人年金保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国630店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2020年9月24日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 9:00~21:00
(年末年始を除く)

2020年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲