<運営>
株式会社アドバンスクリエイト

お急ぎの方は、まずお電話ください。

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00
無料(年末年始を除く)

年齢・性別を選ぶ

月払保険料

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

迷ったらプロに相談(無料) 近くの店舗を探す

30

女性の年金
再婚と遺族年金

掲載日:2013年08月20日

遺族年金の失権と婚姻の関係

遺族年金を受け取っている人が、その後再婚を考えることもあります。再婚と遺族年金についても質問をよく受けますが、年金事務所には質問しにくい内容かもしれません。

遺族年金には、どんなときに失権する(権利を失う)のかという決まりがあり、その一つに「婚姻したとき」があります。婚姻とは、法律婚だけではなく、事実婚も含みます。

事実婚とは、戸籍上の届けは出さないけれど、事実上は夫婦になったということです。
夫婦としての実態があれば、戸籍には関わらず、遺族年金の権利を失います。事実婚の届け出をすると、自治体によって違いはありますが、住民票に「未届の妻」「未届の夫」等と記載されます。
通常は住民票で事実を確認しますが、たとえ住民票を別にしていても、同じ住所に住民票があり、同居しているという実態があれば失権することもあります。

遺族年金を失いたくないために、友達以上にはならないという人もおり、お金の影響は強いものですね。再婚を考えるときは、遺族年金を失うことになると理解してください。
その後、別れてしまっても、遺族年金は復活しません。

また、遺族年金を受給中の人が、様々な理由で、復籍を希望されることがあります。復籍とは結婚前の戸籍に戻るということです。しかし、復籍で遺族年金の権利はなくなりませんので、ご安心ください。

遺族厚生年金は再婚等の失権理由に該当しなければ、一生受け取れる年金です(遺族基礎年金は子どもが年齢条件等に該当しなくなると失権します)。
一生受け取れるお金を途中で手放すには、それなりの決断が必要かもしれませんが、これからの人生を考えてみてください。手放して後悔することがあるかもしれませんし、それ以上の幸せをつかめるかもしれません。

年金は人生に深く関わっています。いろいろな場面でいろいろな選択があるでしょうが、「終わりよければすべてよし」とは年金にも言えるのではないでしょうか。

コラム執筆者
菅野 美和子
コラム執筆者プロフィール
菅野 美和子(スガノ ミワコ) (マイアドバイザー.jp®登録)

社会保険労務士・ファイナンシャルプランナーとしてセミナー講師、執筆、相談業務を行っている。年金分野を中心に活動し、著書には「年金1年生」(主婦の友社)、「ねんきん定期便がよくわかる本」「年金、もっと知りたいな」((株)BKC)等がある。メールマガジン「知っておきたい年金のはなし」も継続して配信している。
  • ※この記載内容は、当社とは直接関係のない独立したファイナンシャルプランナーの見解です。
  • ※掲載されている情報は、最新の商品・法律・税制等とは異なる場合がありますのでご注意ください。

資料請求したい方はこちら

個人年金保険を一括比較シミュレーション!

今すぐ相談したい方はこちら

0120-816-316 平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00

店舗で保険のプロに無料相談!

全国308店から

お近くの店舗をかんたん検索!

※2017年6月28日現在

お急ぎの方は、まずお電話ください

当日予約OK!0120-816-318

平日  9:00~21:00 土日祝 10:00~18:00
(年末年始を除く)

2017年版 昨年最も選ばれた「保険ランキング」
パパっと比較して、じっくり検討。ネット生保もカンタン比較!
保険のご相談・見直しはプロにお任せください!
LINEでかんたん!お客さま情報の照会サービスはじめました!

保険の役立つ知識を配信中!

保険市場の公式アカウント・メルマガをチェックしよう!

気に入ったらシェアしよう!
ページトップへ ▲
チャットで質問する チャットで質問