生命保険協会の会長に就任した松尾氏が所信表明

生命保険協会の会長に就任した松尾氏が所信表明

今後1年間の活動における抱負を述べる

社団法人 生命保険協会(以下「生命保険協会」)会長に就任した、明治安田生命保険社長の松尾憲治氏が、2012年7月20日に所信表明を行った。
その中で松尾氏は、日本における少子高齢社会の進行や昨年3月の東日本大震災における生命保険協会の取り組みについての認識を述べた後、これから1年間の活動における抱負を表明。

諸問題に全力で取り組んでいく姿勢を示す

また松尾氏は、「生命保険における信頼性の向上と普及促進」、「少子高齢社会への取り組み」、「国内外の規制等への対応」といった諸問題に関しての今後の活動方針を語り、お客さまへ「安心」をお届けするために、生命保険協会会長としてこれらの課題に全力で取り組んでいく考えがあることを示した。


▼外部リンク
生命保険協会長就任にあたって(所信)
http://www.seiho.or.jp/info/news/2012/0720.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:ティフプランニング)