がん保障特約「がんPLUS」の付加対象を拡大、住友生命

がん保障特約「がんPLUS」の付加対象を拡大、住友生命

住友生命のがん保障特約

住友生命保険相互会社は、2013年9月25日より、がん保障特約「がんPLUS」の付加対象となる保険の種類を拡大すると発表した。
「がんPLUS」は2013年3月25日の発売以来、6ヶ月で販売件数20万件を突破した。

「がんPLUS」について

「がんPLUS」は、「がん薬物治療特約」および「がん診断特約」の2つの特約から構成されるがん保障特約である。
「がん薬物治療特約」は、公的医療保険制度の給付対象となる抗がん剤治療および疼痛緩和ケアを保障対象とする。さらに、がんの治療を目的に使用する医薬品で公的医療保険制度の給付対象となるものであれば、将来誕生する新薬も保障の対象となる。
「がん診断特約」では、がん検診の普及に伴って増加する上皮内新生物をカバーし、がんの早期発見にも対応する。

「がんPLUS」の付加対象を拡大

これまで「がんPLUS」の付加対象となる保険は、Wステージ・ライブワン・ドクターGO・Qパックの4種類に限定されていたが、今回その対象を13商品にまで拡大した。
また、現在新規の取扱いを停止している過去の商品についても、幅広く中途付加を取扱うとのこと。


▼外部リンク
「がんPLUS」付加対象拡大のお知らせ
http://www.sumitomolife.co.jp/about/newsrelease/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:住友生命
(記事提供:ティフプランニング)