アクサ生命が山陰合同銀行を通じて3タイプの医療保障分野の商品・サービスを提供開始

アクサ生命が山陰合同銀行を通じて3タイプの医療保障分野の商品・サービスを提供開始

アクサ生命が医療保障分野の商品・サービスを山陰合同銀行で提供開始

アクサ生命保険株式会社が、2014年10月15日(水)より、3タイプの医療保障分野の商品・サービスの販売をスタートした。
今回提供開始した医療保障分野の商品・サービスは、島根県松江市の山陰合同銀行を通じて販売される。

3タイプの医療保障分野の商品・サービス

今回販売開始した医療保障分野の商品・サービスは、「アクサの『治療保障』のがん保険セラピー」、「アクサの『一生保障』の医療保障 ずっとメディカル」、「アクサの『一生保障』の医療保険 OK メディカル」の3タイプ。
「アクサの『治療保障』のがん保険セラピー」は、正式名称を「上皮内新生物治療給付特約付がん治療保険(無解約払いもどし金型)」とし、5歳~75歳の契約者に対して、最低5万円、最高20万円の給付金を保障する。
そして、「アクサの『一生保障』の医療保障 ずっとメディカル」は、正式名称を「無事故割引特則・手術給付特約・先進医療給付特約(12)・死亡保険金不担保特約(入院保障保険(終身型09)用)付入院保障保険(終身型09)<60日型>」とし、5歳~75歳の契約者に対して、最低5千円、最高2万円の給付金を保障する。
また、「アクサの『一生保障』の医療保険 OK メディカル」は、正式名称を「限定告知型先進医療給付特約・死亡保険金不担保特約(限定告知型終身医療保険(無解約払戻金型)用)付限定告知型終身医療保険(無解約払戻金型)」とし、20歳~75歳の契約者に対して、最低5千円、最高2万円の給付金を保障する。

さまざまなサポートサービスが充実

今回販売開始した3タイプは、医療保障分野におけるさまざまな顧客ニーズに対応し、先進医療に対して給付金を支払う「先進医療まるごとサポート」が付加されている。
また、これら商品に無料で付帯されるサービスとしては、「24時間電話相談サービス」、医師による「メディカルコンサルテーションサービス」、「糖尿病サポートサービス」、「3大疾病サポートサービス」、「アクサメディカルアシスタントサービス」などがある。
アクサ生命では今後も、その時の顧客ニーズに応じたサービスを提供していくため、さまざまな商品やサービスの開発に力を入れていく考えを示している。


▼外部リンク
アクサ生命保険株式会社によるプレスリリース
http://www2.axa.co.jp/info/news/2014/pdf/141014a.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アクサ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)