シニアの申し込みも可能な「一時払終身保険(無告知型)」、ソニー生命がを発売

シニアの申し込みも可能な「一時払終身保険(無告知型)」、ソニー生命がを発売

ソニー生命が新商品「一時払終身保険(無告知型)」を発売

2015年5月2日よりソニー生命保険株式会社は、新商品の「一時払終身保険(無告知型)」を発売する。
この商品が発売された背景には、2015年1月に相続税法が改正が改正され、相続の際に円滑に資産の承継ができることを目的とした生命保険の活用が、関心を持たれていることがあげられる。
シニア層は、比較的に資産を多く保有している層だが、健康状態に不安を感じている人が多い割合で存在しており、生命保険を活用して資産継承をスムーズにしたくても、健康上の理由で生命保険に加入できない場合がある。
そこで、新商品の一時払終身保険では、健康状態に関する告知や診査を不要にし、健康状態に不安があっても加入できるようにした。

「一時払終身保険(無告知型)」の特徴

新商品の特徴は、生涯にわたって死亡保障を確保できること、告知や診査なしで申し込みが可能なことがあげられる。
さらに、男性は50歳~80歳、女性は50歳~85歳と幅広く申し込みができる。
死亡保険金額は契約時に定めた逓増率により15年間毎年増加し、16年目以降は終身にわたって定額のまま推移する。
保険料の支払い方法は、一時払。これが基本保険金額となる。契約者貸付制度の利用も可能で、解約返戻金の一定範囲内で貸し付けを受けられる。
複数の死亡保険金受取人を指定している場合、個別のお支払いも可能といった特徴もある。


▼外部リンク
ソニー生命 ニュースリリース
http://www.sonylife.co.jp/company/news/26/files/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ソニー生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)