3大学で「営業学」の寄附講座を開設

3大学で「営業学」の寄附講座を開設

プルデンシャル生命保険株式会社は、「営業学」の寄附講座を開設する。2015年4月からの開設予定で、まずは青山学院大学と東北大学での2大学、9月から慶應義塾大学で実施予定。理系に比べて文系の学生は営業職の傾向が強く、7割超であるが、入社前に通常は営業に関する知識やスキル、ノウハウを学び、トレーニングを受けるオポチュニティは極めて少ないのが実情である。プルデンシャル生命保険株式会社は、3,200人以上のライフプランナーと呼ばれる生命保険セールスのプロフェッショナルを構えており、大学で営業をテーマにした講座を開設することで、この社会的議題に一端を担うのが狙い。
営業額寄附講座では、プルデンシャル生命保険株式会社の現役ライフプランナーや支社長、執行役員が講師として、経験に基づく実践的な講義を行う。営業に必要なスキル、セールスプロセス、営業職の醍醐味、心構え、人間的成長まで幅広くティーチングする。

定員と対象者

青山学院大学の講座名は、前期が営業学入門で定員は120名、後期は営業学基礎で定員が50名。対象者は2年生~4年生まで。東北大学の講座名はマーケティング営業で定員は50名。対象者は2年~4年時まで。慶應義塾大学の講座名は営業から学ぶリーダーシップで定員は200~300人。対象者は3年生と4年生になる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
プルデンシャル生命保険株式会社プレスリリース
http://www.prudential.co.jp/pdf-files/20150220.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:生命保険
(記事提供:スーパー・アカデミー)