メットライフ 5月1日より「サニーガーデンEX」を発売

メットライフ 5月1日より「サニーガーデンEX」を発売

外貨建の一時払終身保険

メットライフ生命保険株式会社は4月28日、積立利率変動型一時払終身保険「サニーガーデンEX」を発売すると発表した。5月1日より、45金融機関で販売する。サニーガーデンEXはこれまで販売してきた一時払終身保険「サニーガーデン」の後継商品。外貨建の一時払終身保険で、日本円と比較して高い利率で運用することができる。

幅広いニーズへの対応が可能

50代以降を対象にメットライフが調査を行ったところ、運用重視のニーズが、リスク回避のニーズと同じ程度あるという結果になった。ゆとりのあるセカンドライフのため、分配金の定期的な受け取りを望む声も多かった。
サニーガーデンEXは幅広いニーズに対応することを可能とした商品で、運用の成果を定期支払金として受け取る「定期支払コース」、運用成果の一部を定期支払金として受け取りながら解約返戻金の円建の目標額を設定する「目標設定付定期支払コース」、定期支払金を受け取らずに積立金を増やす「積立金増加コース」の3つのコースから選択することができる。
また保険料払込通貨も実際に運用する通貨とは違う外貨を選択することができ、特約による円での入金、アメリカドル入金のうえオーストラリアドル運用、オーストラリアドル入金のうえアメリカドル運用を行うことができる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
メットライフ生命
★メットライフ生命 プレスリリース★(記事提供:スーパー・アカデミー)