ノーリツ鋼機、日本初の「健康年齢」で加入できる医療保険を販売開始 !

ノーリツ鋼機、日本初の「健康年齢」で加入できる医療保険を販売開始 !

ノーリツ鋼機が保険事業に参入!

平成28年6月16日、ノーリツ鋼機株式会社は、グループ子会社として健康年齢少額短期保険株式会社を設立し、保険事業に参入することを発表した。
商品名は『健康年齢連動型医療保険』で、日本初の「健康年齢」で加入可能な医療保険。平成28年6月17日(金)より、販売を開始する。
これにいう「健康年齢」とは、ノーリツ鋼機グループ子会社の株式会社日本医療データセンターが保有する医療ビッグデータを基に独自に分析し開発した、科学的根拠のある客観的な指標。
「健康年齢」は、実年齢・性別に加え、血圧や代謝、肝機能、尿に関わる一般的な健康診断結果12項目の数値を使用して算出され、総合的な健康度を年齢(健康年齢)で表すことで、直感的に自身の健康状態を把握できる。

『健康年齢連動型医療保険』とは

『健康年齢連動型医療保険』は、実年齢によって保険料を設定する従来の保険とは異なり、「健康年齢」によって保険料が決定される。
すなわち、健康な者(実年齢より「健康年齢」が低い者)ほど、保険料が安くなる。たとえば実年齢が60歳でも健康年齢が50歳と算出されれば、その分保険料が安くなる。
毎年の更新時に必ず健康年齢を見直すため、加入後であっても「健康年齢」が下がれば保険料はさらに安くなるという。
保障内容は、5大生活習慣病(がん・脳卒中・心筋梗塞・高血圧・糖尿病)の治療を目的として入院した際に、入院日数に関係なく、日帰り入院でも80万円が給付されるというもの。
実年齢で18歳から75歳までが加入でき、持病があっても過去1年間に5大生活習慣病で治療のために入院していなければ、保険に加入できる。
保険期間は1年間。月額保険料は、健康年齢が50歳の場合、男性は4,216円、女性は2,483円。40歳の場合、男性は1,667円、女性は1,597円。以下、健康年齢が下がるほど安くなるため、健康増進への動機づけにもなると思われる。


▼外部リンク
ノーリツ鋼機 ニュース
http://www.noritsu.co.jp/information/2016/20160616_kenko.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:医療保険
(記事提供:スーパー・アカデミー)