第一生命、インド関連会社への出資比率を引き上げ

第一生命、インド関連会社への出資比率を引き上げ

スター・ユニオン・第一ライフ社(インド)への出資比率引き上げ

第一生命保険株式会社は、スター・ユニオン・第一ライフへの出資比率を26%から44%まで引き上げることを発表した。
スター・ユニオン・第一ライフは、第一生命、バンク・オブ・インディア【以下BOI】、ユニオン・バンク・オブ・インディア【以下UBI】の3社合弁である。

背景

第一生命にとって、3つの成長エンジンの1つが、グローバル3極体制で利益成長を目指すとする海外生命保険事業。その中で、中長期的に高い市場成長性が望める新興国事業拡大を重要なテーマとしており、経営への関与を強めることは必須要件である。
スター・ユニオン・第一ライフ社は、2009年2月の営業開始以降、合弁パートナーである現地国有銀行のBOIならびにUBIのインド全土にまたがる広範な支店網を活用し、順調に成長してきた。
2015年3月に外資出資上限が緩和されたことを受けて、出資比率引き上げを検討してきた。今回の、26%から44%への出資比率引き上げは、第一生命が、BOIから発行済み株式数の18%を追加取得することで実現することとなった。

出資比率引き上げの効果

今回の出資比率引き上げに伴い、第一生命側の取締役指名枠を増やして、より一層経営への関与を強める。また、保険市場に関する幅広いノウハウを活用することで、インド生命保険市場の発展と第一生命グループの海外事業の更なる発展につなげる。
第一生命グループは今後も、日本、北米、アジア・パシフィックのグローバル3極体制の確立を通じて、持続的価値創造を実現していくとしている。


▼外部リンク
第一生命保険株式会社のニュースリリース
http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2016_022.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:生命保険
(記事提供:スーパー・アカデミー)