チューリッヒ保険、奨学金返済アシストと県立大学充実を支援

チューリッヒ保険、奨学金返済アシストと県立大学充実を支援

地方創生事業へ寄付

チューリッヒ保険会社は、グローバル市場において幅広い商品ラインアップをそろえる世界有数の保険グループであるチューリッヒ・インシュアランス・グループのアジアにおける重要拠点である。
チューリッヒ保険会社は、2016年6月20日(月)、新たに創設された「企業版ふるさと納税制度」を活用し、「企業版ふるさと納税」第一号として、長崎県の地方創生事業へ支援を行うことを発表した。

支援事業の対象

対象支援事業は、「地域の将来を担い支える若者の人材育成支援プロジェクト~奨学金返済アシストと県立大学の充実~」としている。
この支援事業は、「将来の長崎県の産業を担う人材確保を目的として、地域に定着し県内企業に就職した大学生への奨学金の返済支援」と「即戦力として活躍できる人材育成のための県立大学へのサポート」が両輪となっている。

チューリッヒ保険と長崎

チューリッヒ保険が、長崎市内に全国4番目のコンタクトセンターとなる「長崎オフィス」を開設したのは、2015年2月1日のことである。
長崎オフィス開設以来、長崎県内の大学新卒者をはじめとした県内の優秀な人材を積極的に採用しており、長崎県の活性化に貢献するよう努めてきたとしている。
支援企業第一号として、当事業への支援を決定したのは、地元の若者の人材育成に一層の貢献をしたいという意思のあらわれであり、今後も社会貢献活動を含め、さまざまな方法で、長崎への貢献を行うとしている。


▼外部リンク
チューリッヒ保険会社のニュースリリース
https://www.zurich.co.jp/aboutus/news/release
●この記事に関連したニュースカテゴリ:チューリッヒ
(記事提供:スーパー・アカデミー)