日本生命 「夏のボーナス」アンケート調査結果を発表

日本生命 「夏のボーナス」アンケート調査結果を発表

平均支給額は57.5万円

日本生命保険相互会社は7月8日、「夏のボーナス」に関するアンケート調査結果を発表した。夏のボーナスの平均支給額は57.5万円で、昨年より3.2%減少した。

従業員に対する利益還元に温度差

「夏のボーナス」に関するアンケート調査は同社の「ずっともっとサービス」のひとつとして、ホームページ内の「ご契約者さま専用サービス」にて実施したもの。6月1日(水)から16日(木)の期間、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューアンケートへの来訪者を対象に行われた。男性4,198名、女性3,774名の7,972名から回答を得た。
夏のボーナスの支給額は平均57.5万円で、昨年に比べて3.2%減少した。平均支給額については男性が1.8%減少したのに対し、女性は6.2%増加。全体で約1割、公務員だと約2割が昨年よりボーナスが増えた、と回答した。
この結果についてニッセイ基礎研究所・井上智紀准主任研究員は

民間企業・団体の正社員・正職員や公務員では、昨夏よりも増えたとする回答も1~2割となっていることは、業績改善を背景として従業員に利益を還元する動きには業種や地域により、かなりの温度差があることを示しているといえるでしょう。(プレスリリースより引用)

とコメントしている。


▼外部リンク
日本生命保険相互会社 プレスリリース
http://www.nissay.co.jp/news/2016/pdf/20160708.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:生命保険
(記事提供:スーパー・アカデミー)