三井住友海上、サイバー攻撃補償専用保険を販売開始

三井住友海上、サイバー攻撃補償専用保険を販売開始

シェアリングエコノミー協会会員向けサイバー攻撃補償専用保険

一般社団法人シェアリングエコノミー協会とMS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険株式会社は、サイバー攻撃によるリスクを総合的に補償する専用保険の販売を開始することを発表した。
対象は、シェアリングエコノミー協会に加盟しているプラットフォーム事業者とし、販売開始時期は2016年8月の予定である。

シェアリングエコノミー市場の成長性のために

シェアリングエコノミー市場は、大きな成長が見込まれているが、インターネットをビジネスの基盤とするプラットフォーム事業者にとってサイバーリスク対策は重大な課題である。
最近は、企業や団体に対する標的型メール等のサイバー攻撃が増加し、被害が深刻化する傾向にある。参入には大きな制約がないため、参入するプラットフォーム事業者にはサービス提供者や利用者が安心して取り引きできるような対策が求められる。
シェアリング事業の安定的な成長のために、シェアリングエコノミー協会と三井住友海上が連携して新制度を立ち上げることとしたものである。今後も、安心安全なシェアリングエコノミー事業の推進に貢献していくとしている。

サイバー保険の特長

サイバー攻撃によって発生した損害対する賠償のほか、事故対応に必要な対策費用が補償されることは勿論、原因調査や証拠保全等の事故対応についての専門事業者紹介、予防措置に関する個別コンサルティングも実施するとしている。
今後、プラットフォーム事業者の抱えるリスクに加え、サービス提供者・利用者間のさまざまなリスクを補償する商品・サービスの提供も検討していくとしている。


▼外部リンク
三井住友海上火災保険株式会社のニュースリリース
http://www.ms-ins.com/news/fy2016/pdf/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)