トヨタとあいおいニッセイ同和損保、TransLogを活用したテレマティクスサービスを開発

トヨタとあいおいニッセイ同和損保、TransLogを活用したテレマティクスサービスを開発

TransLogを活用したテレマティクスサービスを開発・提供

トヨタ自動車株式会社とあいおいニッセイ同和損害保険株式会社は7月27日、テレマティクス※1 サービス『TransLog(トランスログ)』を活用した事故低減プログラム※2 を提供することで保険料が割引になるサービスを、この8月1日から始めると発表した。
この対象は、車両を10台以上保有しているフリート契約者となる。

※1 テレマティクス
テレコミュニケーション(通信)とインフォマティクス(情報工学)から生まれた造語。クルマなどの移動体に情報通信端末を搭載し、無線ネットワークとデータセンターを通じたサービス。

※2 事故低減プログラム
危険運行データ報告書等に基づく、あいおいニッセイ同和損保独自の事故低減アドバイス。

「TransLog」はカーリース利用顧客向けに提供のサービス

「TransLog」は、カーリースを利用する法人顧客に向けたトヨタレンタリースのテレマティクスサービス。今年1月にサービスを開始していて、コスト削減や交通事故防止と運行管理の効率化に向けた取り組みを支援することを目的に、「ECOドライブサポート・燃費管理」、「危険挙動記録」、などを提供している。
一方、あいおいニッセイ同和損保は、指定車載機を活用した「ささえるNAVI※3」にて実際の走行に基づくアドバイスを提供し、安全運転の促進を図ってきた。

※3 ささえるNAVI
指定車載機を活用した「安全運転支援サービス」と、指定車載機から得られる危険運行データを分析したあいおいニッセイ同和損保独自の「安全運転コンサルティング」を融合したもの。

サービス導入フリート契約者は、自動車保険料が6%割引に

今回のサービスは、「TransLog」で取得した車両情報を基に、「ささえるNAVI」サービスの一つである「事故低減プログラム」を顧客に提供するもので、同サービスを導入したフリート契約者は、自動車保険料が6%割引となるという。
割引の適用には、顧客の保険加入車両のうち50%以上に指定車載機の導入が必要となるが、「TransLog」とともに、あいおいニッセイ同和損保が指定する他の車載機との併用も可能で、顧客の導入を後押しすることになる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 プレスリリース
http://www.aioinissaydowa.co.jp/corporate/about/news/(記事提供:スーパー・アカデミー)