第一生命、カンボジアに駐在員事務所を設立

第一生命、カンボジアに駐在員事務所を設立

カンボジアにおける駐在員事務所の設立

第一生命保険株式会社は、2016年7月14日、カンボジア王国に商務省から、日本の生命保険会社として初めて駐在員事務所設立に関する認可を取得し、同日、駐在員事務所を設立したことを発表した。
和名:第一生命保険株式会社プノンペン駐在員事務所、英名:COMMERCIAL REPRESENTATIVE OFFICE OF THE DAI-ICHI LIFE INSURANCE COMPANY,LIMITED(PHNOM PENH)とし、代表者は川原則光氏である。

駐在員事務所の設立の背景

GDP成長率6.9%(2015年)という値が、IMFによる見込み値(IMF-World Economic Outlook Databases(2016年4月版))として発表されているように、カンボジアの経済成長は、近年目覚しいものがある。
経済成長にあわせて、カンボジアの生命保険市場も現在、急速に拡大している。このため、カンボジアにおける市場調査等を実施すべく、首都であるプノンペン市に駐在員事務所を開設することにしたとのことである。

今後に向けて

今後、シンガポールに構えている地域統括会社、DLIアジアパシフィックを中核拠点とし、第一生命ベトナムなど域内のグループ会社との協働も視野に入れて、カンボジアの生命保険市場参入に向けた具体的な検討を進めていく模様。
第一生命グループは、日本、北米、アジアパシフィックのグローバル三極体制の確立を通じて、持続的価値創造を実現していくとしている。


▼外部リンク
第一生命保険株式会社のニュースリリース
http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)