ジブラルタ生命 リユースパソコン461台をへき地校に寄贈

ジブラルタ生命 リユースパソコン461台をへき地校に寄贈

社内で使用しなくなったパソコンを寄贈

ジブラルタ生命保険株式会社は8月16日、全国へき地教育研究連盟加盟校にリユースパソコン461台の寄贈を行うことを発表した。社内で使用しなくなったパソコンを、全国のへき地・複式・小規模校355校に寄贈する。

未来を担う子どもたちを応援

ジブラルタ生命保険は2015年から、社内で使用しなくなったパソコンを寄贈する取り組みを行っている。昨年は510台のリユースパソコンを、417校に寄贈した。
社会貢献活動テーマである「未来を担う子どもたちを応援する」ために実施している取り組みで、プレスリリースでは

これからも未来を担う子どもたちを応援すべく、様々な社会貢献活動に取り組んでまいります。(プレスリリースより引用)

と述べられている。

リユース処理の後に、梱包して配送

寄贈するパソコンには、必要なリユース処理を行う。社内で使用しなくなったパソコンに対してデータ消去、クリーンアップ、アプリケーションなどのインストール、オプション品の付設などを行い、学校ごとに梱包して配送する。
寄贈先は全国へき地教育研究連盟に加盟している、全国のへき地・複式・小規模校のうちの355校。全国へき地教育研究連盟はへき地における教育の振興を図ることを目的に活動しており、3,484校が加盟している。全国へき地教育研究連盟を通じて加盟校から希望を募り、応募のあった355校に寄贈する。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
ジブラルタ生命保険株式会社 プレスリリース
http://www.gib-life.co.jp/st/about/is_pdf/20160816.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ジブラルタ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)