東京海上日動、「ちょいのり保険(1日自動車保険)」を改定

「ちょいのり保険(1日自動車保険)」を4月から改定

東京海上日動火災保険株式会社は12月19日、顧客からの声等を踏まえ、「ちょいのり保険(1日自動車保険)」の改定を4月開始契約分から行うと発表した。
2012年1月に販売を始めた「ちょいのり保険」は、多くの顧客の利用があり、2016年10月末時点での累計利用申込件数は284万件に至っている。
この間、「1台の車を複数人で運転する場合に、人数分の申し込みが必要となるのを改善してほしい」、「日付が変わる直前に加入した場合でも、24時間以内の補償しか必要ない場合は、1日分の保険料にしてほしい」といった顧客からの要望を受け、使い易さと商品魅力の向上を図るため改定を行ったもの。
主な改定内容は、1度の申し込みで最大3人まで被保険者を追加登録可能となり、合計4人まで補償できるようにしたことで、この追加保険料は、追加登録する被保険者の人数によらずプランごとに定額となり、車両補償なしプランの場合の保険料は、改訂前と比べて最大1,250円安くなるという。

改定後は1日分の保険料で済むため加入し易く

また、補償期間を保険責任開始時刻から24時間とし、これにより22時から翌日22時まで加入する場合には、従来2日分の保険料が必要だったが、改定後は1日分の保険料で済むため加入し易くなっている。
さらに、車両補償ありプラン(プレミアム)として、従来の車両補償ありプランに対し、「車両補償の免責金額を15万円から10万円に引下げ」、「弁護士費用等補償特約のセット」を行ったプランを新設している。
このほか、全てのプランに「対物超過修理費用等補償特約」を自動セットしているとのこと。
なお、この提供開始は、2017年4月1日以降に保険責任を開始する契約を対象として提供するという。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
東京海上日動火災保険株式会社 プレスリリース
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)