明治安田生命 社会貢献活動基金の中から非営利活動法人に寄付を実施

「高齢者」、「障がい者」、「LGBT」分野より選出

明治安田生命保険相互会社は、「明治安田生命 社会貢献活動基金」から、社会的な課題の解決をめざして活動している非営利活動法人等に対する 寄付を実施したことを12月26日に発表した。
対象団体は、公益社団法人日本フィランソロピー協会の協力を得て、全国の「高齢者」、「障がい者」、「LGBT」分野において支援活動を行う団体の中から選定したとのこと。

合計8団体を選出

高齢者に対する支援分野として、特定非営利活動法人 シーズネット、一般社団法人 りぷらす 、NPO法人 地域の寄り合い所 また明日 、特定非営利活動法人 地域支援の会さわやか四万十、LGBTでは、特定非営利活動法人 ReBit、特定非営利活動法人 虹色ダイバーシティ、障がい者支援分野では、一般社団法人 じゅう楽、特定非営利活動法人 アトリエ素心居など、合計8団体を選出。
上記団体に対し、1団体25万円ずつ合計200万円の寄付金を贈った。
「明治安田生命 社会貢献活動基金」とは、同社従業員からの募金を原資とし、このような寄付のほか、災害・復興支援、特別支援学校等の子どもたちに生の音楽を届けるための「ふれあいコンサート」の運営、従業員のボランティア活動への助成などに活用している。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
明治安田生命のニュースリリース
http://www.meijiyasuda.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)