第一生命、ドイツの洋上風力発電設備建設プロジェクトへの投資を決定

海外洋上風力発電事業でプロジェクトファイナンス投資

第一生命保険株式会社は1月5日、ドイツでの洋上風力発電設備建設プロジェクトに対し3千万ユーロ(約35億円)の投資を行うこととしたと発表した。
この投資は、海外プロジェクトファイナンスに投融資する信託スキームを活用し、貸付債権譲渡を受ける形で行うもので、風力発電事業対象でのプロジェクトファイナンスへの投資は、同社では今回が初めての取組みになるという。
なお、同社が今年度実施中の主要投資事例としては、インフラ関連投資(海外LNG設備、洋上風力等)として9件が、また航空機ファイナンス(米国航空機ファイナンス等)として10件があるとのこと。

海外投資を通じ、将来の国内貢献を見据えたノウハウ蓄積

世界的にみても、再生可能エネルギーの一つとしての風力発電の導入・普及が進んできており、これまでの陸上風力だけでなく、海上に風車を設置することでの洋上風力発電は、最近特に欧州を中心に著しい伸張がみられる。
一方国内では、商業稼動する洋上風力発電は未だ行われていないが、2020年までに約2万kWの実証事業としての運転が始まる予定となっているほか、今現在で約120万kWの計画中案件もあり、今後は急速に伸びることが予想されている。
このため同社は、海外案件への投資を通じ、将来の国内インフラ投資への貢献を見据えたノウハウ蓄積を進めていくとしている。
(画像は第一生命HPより)


▼外部リンク
第一生命保険株式会社 プレスリリース
http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)