三井住友海上、東京都千代田区にてゴミ拾い駅伝開催!

タイムだけでなく拾ったゴミの量でも競うゴミ拾い駅伝開催!

平成28年12月20日、MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険株式会社は、「第3回三井住友海上ゴミ拾い駅伝」を同社の本社がある東京都千代田区で、平成29年2月5日(日)に開催することを発表した。
「ゴミ拾い駅伝」とは、平成18年より全国各地で実施されている社会貢献イベントであり、誰でも気楽に参加可能。決められた区間をゴミを拾いつつ走行して襷を繋いでいくというもの。
同社が開催する「三井住友海上ゴミ拾い駅伝」は今回で3回目なり、女子陸上競技部の選手がサポーターとして参加し、ランニングに関する助言やストレッチ指導を行うという。
同社の駿河台ビルを中心として、千代田区内に特設されたコース、御茶ノ水・神田等の計3区間(1区1.74㎞・2区2.24㎞・3区1.7㎞)を走り、ゴールまでのタイムだけでなく、拾ったゴミの量をも競い最終順位を決定する。
今後も同社は地域住民とともに、緑豊かな安全で心地よい街づくりを目指すとのことだ。

「第3回三井住友海上ゴミ拾い駅伝」詳細

開催日時は、来年の2月5日(日)の10時30分から。主催は三井住友海上火災保険株式会社でNPO法人もう一つのプロジェクトの協力で開催されるほか、千代田区、及び千代田区社会福祉協議会が後援予定。
三井住友海上駿河台ビル本館前の特設会場が会場となり、文字通り誰でも応募可能。小学生以下であっても保護者の併走があれば参加できる。定員1チーム3名の30チームで、最大90名。
申込みは下記のURL
http://another-project.com/msad3.html)から。
(画像は三井住友海上 ニュースリリースより)


▼外部リンク
三井住友海上 ニュースリリース
http://www.ms-ins.com/news/fy2016/pdf/1220_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)