ソニー損保、 「入院実費型の医療保険ZiPPi(ジッピ)」の販売を開始

実費保障タイプの「入院実費型の医療保険ZiPPi」発売
ソニー損害保険株式会社は1月10日、実際にかかった入院治療費の自己負担分に応じて保険金を支払う実費保障タイプの定期型医療保険「ZiPPi(ジッピ)」の販売を、同日から開始したと発表した。なおこの適用は、保険始期日が同2月1日以降のものとなる。
同商品は、インターネット専用の定期型の医療保険で、保障設計から見積り・申込みまでをインターネットで完結することができるという。

かかった入院治療費の自己負担額(3割分)が全額保障

この主な特長は、実際にかかった入院治療費の自己負担額(3割分)が全額保障される実費保障タイプのため、定額保障タイプの医療保険のように入院1日あたりの必要保障額などの検討が要らないとのこと。
また、公的医療保険の対象となる病気・ケガの入院治療費のうちの自己負担分(3割)を保障する「基本保障」のほかに、[オプションの保障]「先進医療」「入院時差額ベッド代」「入院時諸費用」の3種の保障を、ニーズに合わせて加えることで、保障を手厚くすることができるという。
さらに、5年間の定期型のため、将来のライフスタイルの変化に応じた保障の見直しが容易にできるほか、保険料が終身型より手頃なため、保険料負担を抑えつつ「今必要な保障」を手厚くできるニーズのある特に若い世代に向いているとしている。
なおこの商品は、保障設計から見積り・申込みまでをインターネットで完結できるインターネット専用商品のため、手続きが簡便なほか、郵送費や事務コストの削減により手頃な保険料を実現している。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
ソニー損害保険株式会社 プレスリリース
http://from.sonysonpo.co.jp/topics/news/
ZiPPi(ジッピ)の商品概要、見積り・申込みサイト
http://www.sonysonpo.co.jp/md/zippi
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ソニー損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)