第一生命、平成28年度 地方創生に資する「特徴的な取組事例」で表彰

地方創生に資する「特徴的な取組事例」に認定・表彰

第一生命保険株式会社は1月13日、同社グループの取組みが、地方創生に資する「特徴的な取組事例」として、内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局より認定されたと発表した。
これは、「待機児童解消をはじめとした少子化に係る地域課題への取組(保有不動産への保育所・学童誘致、保育施設への助成等)」についてで、全国の金融機関等から報告された約1,300 件の事例から34事例が「特徴的な取組事例」として認定され、1月12日に山本内閣府特命担当大臣室にて表彰式が行われたとのこと。
なおこの34事例は、まち・ひと・しごと創生本部事務局HP(下記リンク)に、1月10日から掲載されている。

待機児童受け皿拡大で「保育所誘致の取組み」など

同社グループは社会的責任として、経営の一環として取組む社会貢献活動の一つに「保育所誘致の取組み」があり、保育所待機児童の受け皿拡大のため、2011年から同社保有ビルでの2,500名の児童受け入れを目指している。
これは、全国保育所入所待機児童数(2011年4月時点)の約1割に相当する数とのこと。また最近は、深刻化している学童保育不足問題でも、2016年から学童保育誘致にも取組みを拡大している。
そして第一生命財団では、2013年から新設保育所などへの遊具等購入費用の助成事業を行い、子どもたちに良質な保育が提供されることを目指しているという。
さらに同社グループは、誘致・助成した施設での職員ボランティア活動での継続的支援や、自社活動の成功例を全国に活かすべく自治体と協働支援を行うなど、一体での展開を図っているとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
第一生命保険株式会社 プレスリリース
http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/
まち・ひと・しごと創生本部事務局HP
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/pdf/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)