東京海上日動、ブロックチェーン技術の活用領域拡大に向けた実証事業を開始

ブロックチェーン技術の活用領域拡大に向け実証事業開始

東京海上日動火災保険株式会社は1月24日、医療機関などでのブロックチェーン技術活用に向けた実証事業を、福岡地域戦略推進協議会(FDC)と連携して実施することを発表した。
これには、米Planetway社の非常にセキュリティの高いデータ連携技術を活用するとしている。
決済や取引の自動化など様々な領域での活用が見込まれる技術としてブロックチェーンは非常に高い注目を集めているが、暗号化技術利用は偽造・改竄防止が目的のため取り扱うデータ自体は暗号化されていず、機密情報や個人情報等を扱う上で課題があるとされている。

新たな顧客価値創出や革新的な業務効率化実現目指す

保険業務で取り扱う契約内容や医療情報などといった、高度の秘匿性が長期間求められる領域での活用には、通常の暗号化での対応では不十分なことから、新たな技術が必要とされているという。
このため同社は、従来のブロックチェーン技術とともに、エストニアの番号制度を支える非常に高いセキュリティ技術を適用したPlanetway社の「avenue-cross」を合わせて活用することで前記課題を克服し、新たな顧客価値創出や革新的な業務効率化実現を目指すとのこと。
実際にはこの1月から、FDCの協力により福岡市域の医療機関と連携し、傷害保険金請求書に記載の医療機関に対して、ブロックチェーンを通じて入通院期間などの医療情報の提供を要求する。
そして、データ連携基盤を通じ医療情報等のデータを受領することで、医療情報に対するセキュリティを確保しながら、保険金支払業務の簡略化と迅速化が可能かを検証するとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
東京海上日動火災保険株式会社 プレスリリース
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)