太陽生命、北陸ろうきんで「ひまわり認知症治療保険」の販売を開始

北陸ろうきんで「ひまわり認知症治療保険」の販売を開始

太陽生命保険株式会社は1月31日、「北陸ろうきん」(北陸労働金庫)での「ひまわり認知症治療保険」の販売を、2月1日から開始すると発表した。
創業以来同社は、一般家庭で暮らす顧客のニーズに合った最先端の保険商品を提供してきており、昨年3月からは、健康に不安のある人でも加入できる、認知症による所定の状態を保障する保険「ひまわり認知症治療保険」を発売した。これは生命保険業界で初めてという。
同商品は、認知症に関する保障のほか、7大生活習慣病※ やシニア層に多い白内障・熱中症などを原因とする入院・手術に関する保障も兼ね備えるほか、事故や転倒、骨粗しょう症による「骨折」の治療を保障するなど、日常生活における身近なリスクにも備えることができるとのこと。
※ 7大生活習慣病:
がん(悪性新生物)、心・血管疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患、肝疾患、腎疾患を指す。

労働金庫連合会が昨年12月に、同社の「ひまわり認知症治療保険」を業態統一商品として採用し、全国13の「ろうきん」にて窓販を開始する方針を決めたことから今回、新たに「北陸ろうきん」での取扱いを始めることになったもの。

器質性認知症、7大生活習慣病などで一時金を支払う

同商品の主な特徴は、「時間」「場所」「人物」のいずれかの認識ができなくなる器質性認知症を保障するもので、その状態が180日継続したときに一時金を支払うとのこと。この症例には血管性認知症、アルツハイマー病の認知症、パーキンソン病の認知症、クロイツフェルト・ヤコブ病の認知症などがあるという。
また、「7大生活習慣病」やシニア層に多い白内障・脊椎障害・熱中症(女性の場合はさらに子宮筋腫・卵巣腫瘍などの「女性特有の病気」を含む)による入院・手術などに一時金を支払うとのこと。
さらに、事故や転倒による骨折・骨粗しょう症による骨折などシニア層に多い、要介護の原因になりやすい骨折の治療に一時金を支払うとしている(ただし180日につき1回が限度で、同一の原因による支払いは1回に限られる)。
なお同商品は、発売から約10ヵ月で15万件を超える販売実績となり、好評を受けていることから、同日から株式会社伊予銀行での販売も始めるとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
太陽生命保険株式会社 プレスリリース
https://www.taiyo-seimei.co.jp/company/notice/download/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:太陽生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)