損保ジャパン日本興亜、帯広市と「女性活躍に関する包括協定」を締結

帯広市と初の「女性活躍に関する包括協定」締結

損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、帯広市と『女性活躍に関する包括協定』を同日締結したと発表した。同市が、損害保険会社と女性活躍に関する協定を締結するのは、今回が初めてとなる。
同協定は、職業生活で女性活躍を図るための活動を両者協働して推進することで、地域の持続的な発展に寄与することを目的としている。
また同社は、その経験やノウハウを活かし、市が策定した「帯広市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に掲げる男女共同参画社会の推進(特に「女性活躍の推進」)に関する施策を、地方創生につなげるとしている。

「女性活躍」推進ノウハウを活かした貢献

同市はこれまでも、男女共同参画社会の実現を目指した施策を推進していて、「帯広市まち・ひと・しごと創生総合戦略」では、「仕事と生活の調和の促進」を施策の柱の一つとして掲げ、企業や関係団体と連携した取り組みを進めている。
また同社は、ダイバーシティを企業の重要な経営戦略として位置づけ、特に「女性活躍」を推進していて、「ダイバーシティ推進グループ」を設置し「女性が働き続けられる会社」として制度や仕組みを整えてきたことから、ノウハウを活かした貢献ができると判断し今回の協定に至ったとのこと。
なお主な協定内容としては、1)職業生活における女性活躍の推進、2)子育て支援の推進、3)ワークライフバランスの推進、4)おびひろ男女共同参画プランの推進、5)その他協議により決定した事項、の5項目について、両者が連携して協力することとしている。
(画像は損保ジャパン日本興亜HPより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 プレスリリース
http://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/topics/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜
(記事提供:スーパー・アカデミー)