読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三井住友海上、スマホのビデオチャットで保険金支払いを迅速化

ニュース 保険会社ニュース

スマホのビデオチャットで保険金支払いを迅速化

三井住友海上火災保険株式会社は3月13日、損害調査や支払いなどの顧客対応に際し、FacePeer株式会社が開発・運営するビデオチャットプラットフォーム「FaceHub」を、この3月から導入したと発表した。
これまで電話や書面を中心に行ってきた顧客との対応について、「FaceHub」を活用することで動画や静止画等を簡単な操作でリアルタイムに共有できるようになるため、顧客への丁寧な説明や迅速な保険金支払いを行えるという。
このサービスは、同社の保険金支払い担当者と修理工場、および社外調査機関等のやりとりから活用を開始し、その後、顧客との直接のやりとりに対象を拡大していく予定としている。
この利用は、同社からビデオチャット用のURLをSMSでスマートフォンに送信し、このURLをタップすることで専用画面が立ち上がってビデオチャットを開始できる。

保険金支払い日数を最大で半分程度に短縮

活用する事例としては、先ずアジャスター※ や社外調査機関の鑑定人が撮影した自動車や住宅等の損害状況のほか、顧客が撮影した携行品・家財等の損害状況を、動画や静止画で支払い担当者に送信し、損害額を調査する。
※ アジャスター:
自動車の損傷状態を調査し、損害額の認定を行う専門家

次いで、ビデオチャットにより顧客と支払い担当者が事故現場の動画・静止画をリアルタイムで共有し、会話をしながら事故の発生状況を確認する手順となる。
これにより、自動車事故や火災の損害調査では、アジャスターなどが契約者の自宅や修理工場等に出向くことなく、リアルタイムでの損害調査が可能となるため、保険金支払い日数を最大で半分程度に短縮することができるようになるとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
三井住友海上火災保険株式会社 プレスリリース
http://www.ms-ins.com/news/fy2016/pdf/0313_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)