中高生のなりたい職業トップは「ITエンジニア・プログラマー」、ソニー生命調査

中高生が思い描く将来についての意識調査

ソニー生命保険株式会社は4月25日、全国の中高生に対し、「中高生が思い描く将来についての意識調査」をこの3月21日からの7日間、インターネットリサーチにて行った結果を公開した。
調査は、ネットエイジア株式会社のリサーチモニター会員を母集団とする全国の中高生に対して実施し、有効回答数1,000名(中学生200名、高校生800名)を抽出したもの。
全回答者に対し、10年後の日本や世界にどのような見通しをもっているかを聞くと、【10年後の日本】に明るい見通しをもっている中学生は中学生全体の38.5%、高校生は高校生全体の31.4%で、不安を抱いている中学生が61.5%、高校生が68.6%となり、いずれも不安を感じている中高生のほうが多かった。
将来なりたい職業を聞くと、男子中学生では、1位「ITエンジニア・プログラマー」(24.0%)、2位「ゲームクリエイター」(20.0%)、3位「YouTuberなどの動画投稿者」(17.0%)、4位「プロスポーツ選手」(16.0%)、5位「ものづくりエンジニア(自動車の設計や開発など)」(13.0%)となった。
男子中高生は「ITエンジニア・プログラマー」に人気
また女子中学生では、1位「歌手・俳優・声優などの芸能人」(19.0%)、2位「絵を描く職業(漫画家・イラストレーター・アニメーター)」(14.0%)、3位「医師」(13.0%)、4位「公務員」(11.0%)、5位「文章を書く職業(作家・ライターなど)」(10.0%)となった。
さらに男子高校生では、1位「ITエンジニア・プログラマー」(20.8%)、2位「ものづくりエンジニア(自動車の設計や開発など)」(13.3%)、3位「ゲームクリエイター」(12.5%)、4位「公務員」(11.8%)、5位「学者・研究者」と「運転手・パイロット」(いずれも9.5%)となった。
そして女子高校生では、1位「公務員」(18.8%)、2位「看護師」(12.8%)、3位「歌手・俳優・声優などの芸能人」(12.5%)、4位「教師・教員」(10.8%)、5位「絵を描く職業(漫画家・イラストレーター・アニメーター)」(9.8%)となった。
このことから、男子中高生では「ITエンジニア・プログラマー」と「ゲームクリエイター」に人気があり、女子中高生では、「歌手・俳優・声優などの芸能人」や「公務員」などが上位にランクされる結果となっている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
ソニー生命保険株式会社 プレスリリース
http://www.sonylife.co.jp/company/news/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ソニー生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)