読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペットのケガに気をつけて!「ペットの傷病ランキング」発表

2016年傷病ランキングを発表

アイペット損害保険株式会社は5月16日、「ペットの傷病ランキング」を発表した。これは2016年に、同社が保険契約者に対して保険金を支払った案件を集計したものに基づく。

上位は「かかりやすく、気づきやすい」疾病

調査の結果、犬と猫を合わせた総合傷病ランキングで、請求件数が最も多かったのは、皮膚炎で、2位が外耳炎、3位が下痢となった。また、犬猫別に請求件数を見ていくと、犬は1位が皮膚炎、2位が外耳炎、3位が下痢、猫は1位が下痢、2位が皮膚炎、3位が外耳炎と上位3位以内は同じ疾病が並んだ。
同社は、上位3疾病はいずれも飼い主が異変に気づきやすいことや、犬猫ともにかかりやすいことから、件数が多かったのではないかと考えている。
さらに、犬猫別・年齢別に傷病ランキングを見ていくと、子犬(0歳)と成犬(1~6歳)では上位3つが皮膚炎、外耳炎、下痢なのに対して、高齢犬(7歳以上)では腫瘍が1位になり、4位に歯周病、5位に僧帽弁閉鎖不全症が入った。
猫については成猫(1~6歳)の4位が尿石症、高齢猫(7歳以上)の1位が腫瘍、5位がその他心疾患という結果になった。

ペットのケガは負担が大きい

一方、犬と猫を合わせた総合ランキングのうち、平均診療額が最も高かったのは骨折で119,390円となった。骨折の場合、全身麻酔での手術が多く行われていることや、1~4カ月ほど、頻回の通院が必要になることが治療費が高額になる原因と考えられている。
また、手術を伴った疾病について、犬と猫を合わせた総合手術ランキングでは、1位が腫瘍、2位が歯周病、3位が異物誤飲となり、骨折は5位となった。
なお、犬と猫を合わせた手術ランキングで平均診療額の高かったものは、1位が椎間板ヘルニアで329,451円、2位が前十字靱帯断裂で291,157円、3位が骨折で196,965円となった。
同社は、犬猫の骨折や手術がペットにとっても飼い主にとっても大きな負担となることから、2017年1月に「うちの子 HAPPY PROJECT」と題した特設サイトを開設。実際にペットが骨折した飼い主の声の紹介や、獣医による骨折を予防するためのポイント解説を掲載している。
(画像はアイペット損保「うちの子 HAPPY PROJECT」より)


▼外部リンク
アイペット損保 ニュースリリース
https://www.ipet-ins.com/news/petresearch0516.html
アイペット損保「うちの子 HAPPY PROJECT」
http://www.ipet-ins.com/uchihap/bone/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アイペット
(記事提供:スーパー・アカデミー)