読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マニュライフ生命、三井住友信託銀行で新たな外貨建て終身年金保険発売

三井住友信託銀行から外貨建て終身年金保険発売

マニュライフ生命保険株式会社は、外貨建定額個人年金保険 ペットネーム『ライフタイム・パートナー』を、三井住友信託銀行株式会社を通じて5月16日に発売すると発表した。
長寿化の進む日本では、リタイア後の人生を有意義に過ごすための準備や将来の介護費用への準備として、年金保険商品へのニーズが高くなっており、これに応えつつ外貨の金利を活用して終身年金を準備できる年金保険が『ライフタイム・パートナー』という。

終身年金プランと介護年金プランの2プランを用意

これには、自分で使うための年金を一生涯受け取れる終身年金プランと、要介護2または3に認定されている人が加入でき、契約日の2か月経過後から介護年金を受け取れる、業界初となる介護年金プランの2つのプランを用意した。
終身年金プランは、主契約に年金支払総額保証付終身年金特約を付加したもので、また介護年金プランは、主契約に年金支払総額保証付終身介護年金特約(即時払型)を付加したものとなる。
契約は、高金利の米ドルか豪ドルのいずれかを契約通貨として選択できるとともに、受け取り通貨は、円と外貨のいずれかを選択し、年金または介護年金として契約日の2か月経過後から一生涯にわたって受け取れる。
なお、年金または介護年金の支払合計額には最低保証があるとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
マニュライフ生命保険株式会社 プレスリリース
http://www.manulife.co.jp/servlet/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:マニュライフ生命保険株式会社
(記事提供:スーパー・アカデミー)