SBクラウド、パッケージサービスに「サイバーセキュリティ総合補償プラン」付帯

「サイバーセキュリティ総合補償プラン」を無料付帯

SBクラウド株式会社は6月1日、サイバー事故等によるさまざまな損害を総合的に補償する「サイバーセキュリティ総合補償プラン」を、同社の仮想サーバーサービス「Alibaba Cloudパッケージサービス」に同日から無料で付帯すると発表した。
補償プランは三井住友海上火災保険株式会社が行うもので、対象のパッケージサービスを利用する場合、ユーザーは追加の負担をすることなく、より安心して利用するできるようになる。
このプランでは、サイバー攻撃などでの情報漏えいに際して必要となる、原因調査・事故対応、謝罪広告・会見等広告宣伝活動、法律相談、データ復旧等に要する費用を、最大で20万円まで補償するという。

損害賠償補償は最大500万円まで

さらに、情報管理の不備やネットワーク所有・使用・管理の不備により、他社の業務を阻害した場合に発生する法律上の損害賠償金や争訟費用、あるいは自社で生じた損害なども500万円を限度に補償するとのこと。
同社は、このサービス提供の背景として、クラウド環境でのサイバー攻撃が日増しに高度化していることから、企業経営者などは情報漏えいだけでなく、取引先に対する業務阻害や信用低下などといった多大なリスクに直面しているためとしている。
(画像はSBクラウド株式会社HPより)


▼外部リンク
SBクラウド株式会社 プレスリリース
https://www.sbcloud.co.jp/2017/06/01/pressrelease/
「サイバーセキュリティ保険」の詳細
https://www.sbcloud.co.jp/partners/ms-ins/
 
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他


(記事提供:スーパー・アカデミー)