【保険市場】子宮頸がん、旅、そして出産・育児。希良梨さんのコラム連載開始

子宮頸がん、旅、そして結婚・出産

「保険市場」では、6月7日より、女優の希良梨(きらり)さんによるコラム「『子宮頸がん』から私を支えた“絆”」の連載が始まった。
人気絶頂の19歳で子宮頸がんの宣告と手術を経験。その後、日本から離れ世界を旅し、現在は台湾と日本を行き来しながら育児と芸能活動を行う希良梨さんの体験を、3回に分けて届ける。

大ヒットドラマでブレイク直後の子宮頸がん

希良梨さんは、1980年に沖縄県で生まれた36歳。1998年には反町隆史さん主演で大ヒットしたドラマ『GTO』の生徒役で脚光を浴びる。その直後、19歳で子宮頸がんが発覚した。
もともと重い生理痛に悩まされ、母親に促されて病院を受診したところ、早期の子宮頸がんが判明した。幸い、がんは早期発見だったので、円錐手術で患部を切除することができた。しかし、当時は芸能の仕事で忙しく、不安や葛藤を抱えたという。
その後、日本にいることが嫌になり、20歳で仕事をしながら世界中をめぐる旅を開始。その後、アジアの国に魅力を感じ、2004年には活動拠点を台湾に移し、2008年には台湾で結婚。翌年、長男を出産した。
現在も年に3~4回ほど検診を受けているという希良梨さん。「私にできることがあれば」という思いで、子宮頸がんが発覚してからのライフスタイルや心境の変化、出産と育児などを綴っていく。
(画像は「保険市場」トップページより)


▼外部リンク
アドバンスクリエイト IRニュース
https://www.advancecreate.co.jp/
「『子宮頸がん』から私を支えた“絆”」
https://www.hokende.com/news/blog/entry/kirari/001

●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他


(記事提供:スーパー・アカデミー)