明治安田生命 「MY長寿ご契約点検制度」取り組み状況の報告

取り組み開始から2年間の歩み

明治安田生命は2015年4月から、東日本大震災で契約者の「請求確認」調査をしたところ確認出来たのは約7割であった事や、すでに亡くなっている方の契約が約600件もあったという経験から「MY長寿ご契約点検制度」を創設いたしました。請求確認とは契約者から申し出が無い場合でも、請求出来る保険金・給付金が無いかを確認するというもの。
2年間で「請求確認」と「連絡先確認」が出来た契約者は90歳以上で2015年度、2016年度共に99.6%となっています。また、この制度をきっかけに253件が給付金を請求出来、370件が死亡保険金の請求をする事が出来ました。

「MY長寿ご契約点検制度」の流れ

この制度は77歳、90歳、99歳、108歳、111歳を対象としており、ステップ1からステップ3までの対応が取られています。ステップ1でははがきで住所変更は無いか、保険金請求や契約者・受取人変更は無いかを確認します。
もし、契約者から回答が無い場合はステップ2へ移り、電話での確認対応となります。それでも連絡が取れない場合は再度はがきを郵送し確認を行います。それでも確認が取れない場合はステップ3となり、90歳以上の契約者の場合は直接担当者が訪問し面談を行います。
(画像はホームページより)


▼外部リンク
明治安田生命「MY長寿ご契約点検制度」の取組みについて
http://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/topics/mychouju/pdf/pamphlet.pdf

●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命


(記事提供:スーパー・アカデミー)