サポートサイト優良企業のトップは自動車保険のイーデザイン損保。3位にSBI損保

イーデザイン損保がサポートサイトランキングのトップ

トライベック・ブランド戦略研究所は8月9日、企業のサポートを評価する「顧客サポート調査2017」の結果を発表した。
調査は、この6月7日から6月29日までの間、17業種の115製品・サービスについてのサポートサイトとコールセンターに関し、利用経験者による評価をインターネットで行ったもので、有効回答数は9,943人だったという。
この結果、サポートサイト評価の1位は、自動車保険の「イーデザイン損保」となった。
自動車保険業界のサポートサイトは、契約内容の変更や更新、住所変更等各種手続きや、購入の参考等に利用する人が多いことから、マイページやFAQ・Q&Aが特によく参照されているという。

情報提供のほか有用アプリ提供などでユーザー支持

そんな中で、イーデザイン損保のFAQ・Q&Aは分類が分かり易く情報を見つけ易いほか、契約者向けページには、各手続き内容に応じた関連質問が一緒に掲載されるなど、各所にユーザーを自己解決に導くための工夫がなされていると、同研究所は指摘する。
続いて、2位に「関西電力(電力・ガス)」、3位に「SBI損保(自動車保険)」、4位に「任天堂(ゲーム機・ゲームソフト)」と続き、さらに5・6位には「大阪ガス」「東京ガス」と続いいていて、特定の業種が上位に並ぶ結果となった。
同研究所は、自動車保険業界が上位となった理由について、サイト上での情報提供だけでなく、事故や故障時にワンタッチ操作でオペレーターへの電話連絡やGPS機能から位置情報を送信できるほか、安全運転診断や燃費管理ができるといったアプリの提供などが、ユーザー支持を得ているものと推察している。
(画像はトライベック・ブランド戦略研究所HPより)


▼外部リンク
トライベック・ブランド戦略研究所 プレスリリース
http://brand.tribeck.jp/news_event/news/2017/0809.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)