損保ジャパン日本興亜、福岡県と『包括提携協定』を締結

損保ジャパン日本興亜、福岡県と『包括提携協定』締結

損害保険ジャパン日本興亜株式会社は9月4日、福岡県との間で『包括提携協定』を、同日に締結したと発表した。
この協定は、両者が相互に緊密な連携協力をすることにより、福岡県内での「共助社会づくり」を推進するとともに、地域の一層の活性化と県民サービスの向上を図ることを目的としている。
協定の主な内容は、同社の強みや特徴を活かせる6分野(地域の安全・安心、防災・災害時の協力、食の安全と県産品の販売拡大、高齢者・障がい者の支援、子育て支援・女性の活躍推進、その他地域の活性化と県民サービスの向上)に関して、業務連携と協力を行うとしている。

県民へのさらなるサービス向上と地域の活性化に貢献

また同社は、今後も地方自治体と連携し、各地域がそれぞれの特徴を活かした自立的で持続的な社会を創出することに貢献していくという。
同社は、今回の包括的な提携協定を締結するに至った背景として、「県民・行政、NPOなどとの地域の課題解決に向けた協働を通じ、持続可能な社会づくりに貢献すること」をCSR重点課題のひとつに掲げていることを挙げる。
また、福岡県内トップシェアとなる損害保険会社として、地域と産業の安定的な繁栄を支援するノウハウを活かし、県民へのさらなるサービス向上と地域の活性化に貢献するためとしている。
なお、福岡県が保険会社と包括提携協定を締結するのは、今回が初めてとのこと。
(画像は損保ジャパン日本興亜HPより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 プレスリリース
http://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/topics/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜
(記事提供:スーパー・アカデミー)