アフラック、がん経験者・がん遺児の高校生に奨学金給付

月2.5万円を高校卒業まで支援

アフラックは、「アフラック小児がん経験者・がん遺児奨学金制度」の2018年度新規奨学生の募集を、2017年11月1日から2018年2月28日までの日程で行うことを発表した。この活動は、社会貢献活動の一環として行われているもの。
今回募集するのは、18歳未満で、小児がんを発症し、経済的な理由から奨学金を必要とする高校生20名(1年生10名、2・3年生5名ずつ)と、主たる生計維持者をがんで失い、経済的な理由から奨学金を必要とする高校生120名(1年生60名、2・3年生30名ずつ)となる。
なお、後者のがん遺児の場合、直近の学習成績が5段階評価で評定平均値が3.5以上か、評定平均を付けない学校ではそれと同等の成績を取得すること、あるいは特定の分野で全国または都道府県レベルですぐれた実績を残した人となる。
また小児がん経験者・がん遺児のいずれも、前年度の世帯収入または所得に上限がある。この上限については世帯人数によって異なっている。くわしくはニュースリリースの表を参照のこと。
給付する金額は毎月2.5万円(年30万円)で、高校卒業(最短修業期間)まで支給する。返還は不要で、他の奨学金との併用も可能となっている。

選考結果は2018年4月下旬に通知

応募書類は11月1日以降、同社ホームページからダウンロードできるほか、アフラック広報部 社会公共活動推進課(電話番号:03-5908-6413)まで電話で資料請求を行う。電話受付時間は平日9時から17時まで。応募書類は郵便番号111-0053 東京都台東区浅草橋1-3-12 公益財団法人がんの子どもを守る会まで郵送する。
選考結果は2018年4月下旬に通知され、5月下旬に最終結果通知が届く。奨学金の支給開始は2018年7月を予定していて、4月分にさかのぼって給付を行う。
(画像は公益財団法人がんの子どもを守る会ホームページより)


▼外部リンク
アフラック ニュースリリース
http://www.aflac.co.jp/news_pdf/20171027.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アフラック
(記事提供:スーパー・アカデミー)