アクサ生命、北海道と包括連携協定を締結

アクサ生命が北海道と包括連携協定を締結

アクサ生命保険株式会社は11月28日、北海道と、道民の健康づくりや地域経済の活性化などに協働して取り組む包括連携協定を締結したと発表した。
この協定は、北海道と同社が緊密に相互連携し、道内各地域の幅広いニーズに迅速かつ適切に対応し、道民の健康増進や道民サービスの向上、地域経済の活性化などを図ることを目的としている。
また、この連携・協働事項では、北海道に関するものとして、1)健康づくりとスポーツ振興、2)地域経済活性化、3)減災・防災、4)その他、双方が必要と認めること、を行うこととしている。

道民の健やかな生活と地域発展のため

この協定締結により、同社が保険事業や健康経営推進、CR活動などを通じて培った知見と人的ネットワークを、北海道の各種施策に役立て、道民の健やかな生活と地域の発展のために共に取り組んでいくという。
なお同社は、1934年に北海道での団体保険制度の普及啓発を開始して以来、80年以上にわたって事業を行ってきており、これまで官公庁のほか、37商工会議所と3商工会の会員事業所向け共済・福祉制度を引き受け、事業者の福利向上と地域の発展を目指して、地域に根差した活動を続けてきている。
また最近では、道民の健康づくりや道内の事業者に対する健康経営の普及をサポートするため、地元報道機関など地域の様々な関係機関と連携し、啓発活動を積極的に進めているとのこと。
(画像はアクサ生命HPより)


▼外部リンク
アクサ生命保険株式会社 プレスリリース
http://www2.axa.co.jp/info/news/2017/pdf/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アクサ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)