人気の漢字は?読みは?2017年子どもの名前ランキング/明治安田生命調べ

男の子は3つの名前が1位に!

明治安田生命は、2017年11月28日、毎年恒例で、今年で29回目となる「2017年生まれの子どもの名前」ランキングを発表した。調査対象となったのは、2017年に生まれた男の子8300名、女の子8030名。
このうち名前の表記で人気があったのは、男の子の1位が悠真、悠人、陽翔で37名ずつとなった。また女の子の1位は結菜と咲良でともに45名ずつとなった。3つの名前が1位にランクインするのは、調査が始まって以来、初めてとなる。

かぶらないのがトレンド!?表記が多様化

また、子どもの名前の表記は、男の子が4204通り、女の子が3604通りである一方、読み方は、男の子が1303通り、女の子が1049通りという結果になった。
同社は、親が名付けの過程で、同級生と同じ名前にならないよう、名前の表記に独自性を求めることが、名前の表記の多様化を後押ししているのではないかとしている。
「2017年生まれの子どもの名前」ランキングは明治安田生命の個人保険、個人年金保険に、2017年9月末までの保有契約1251万件をもとに、2017年11月に調査が行われた。
調査では、このほかに男女別の使用漢字のランキングや地域別のランキングなども発表されている。また、詳しい結果は、11月30日から「生まれ年別の名前調査」専用サイトでも公開される。
(画像は明治安田生命「生まれ年別の名前調査」(2017年11月28日時点)より)


▼外部リンク
明治安田生命 ニュースリリース
http://www.meijiyasuda.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)