チューリッヒ生命、「2017 CRMベストプラクティクス賞」を受賞

「2017 CRMベストプラクティクス賞」受賞

チューリッヒ生命は11月30日、一般社団法人CRM協議会が選定する「2017 CRMベストプラクティクス賞」を受賞したと発表した。
この賞は、顧客中心主義経営を実現するために、CRMへの取り組みで成果を上げている企業・組織を表彰するもので、同社は100日単位で組織変革を行う「100日計画」に取り組み、資料の請求から見積り、そして申し込み手続きへと保険契約の全般を顧客視点で変革させたことが評価されたもの。
また、「2017 CRMベストプラクティクス賞」は、“顧客中心主義経営”の 実現を目指し、戦略、オペレーション、組織の観点から顧客との関係を構築し、 その成果を上げている企業・官公庁・団体をCRM推進のモデルケース創りや人材育成として、広く役立てていきたいという目的から選定するものという。
“高品質なサービス(チューリッヒ・クオリティー)”
同社の受賞内容は、100日改善CRM実現モデルとされ、受賞理由は、より多くの顧客や代理店の募集人に自社商品の魅力を伝え、利便性が高く顧客志向に合わせた複数のチャネルを通じて商品を選択できる、“高品質なサービス(チューリッヒ・クオリティー)”の提供に取り組んだ好事例とされた。
保険資料の請求・見積りから申し込み手続きまで、契約の入口から出口までのライフサイクル全般にわたり顧客視点での変革を実践していて、特に保険金・給付金の請求時に、女性スタッフだけで対応する「女性専用ダイヤル」を開設、女性顧客の心情に配慮した取り組みは特に目を惹くとして、高評価となった。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
チューリッヒ生命 プレスリリース
https://www.zurichlife.co.jp/aboutus/pressrelease/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:チューリッヒ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)