ゲーム感覚で貨物事故のリスクを学べるアプリの提供開始

倉庫内に潜む危険をタッチ

三井住友海上は、12月13日、同月より、倉庫内の事故防止に向けた従業員の学習ツールとして、「リスクハンター」の提供を始めたことを発表した。
これはスマートフォン向けに開発された、リスクを感知する能力を養成するアプリ。360度カメラで撮影された倉庫の映像を見ながら、危険のある場所を見つけ、画面をタッチする。物流事業者の従業員をターゲットとしており、ゲームで遊びながら貨物事故のリスクを学ぶことができる。
同アプリは、全ての法人企業を対象にしていて、同社の契約者でなくても利用することができる。アプリを利用したい企業が同社に利用申込書を提出すると、専用ページのIDとパスワードを案内する。企業の管理者は、従業員ごとの成績を専用ページから確認できる。利用料は無料。

労働力不足により、貨物事故のリスクも上昇

近年、労働力不足が原因で、仕事に慣れていない従業員やアルバイト従業員が増えている。また、それに伴い、企業にとって貨物事故の防止が大きな課題となっている。
同社は、今後はトラックへの荷物積み込み時の事故やフォークリフト作業中の事故を軽減するためのニーズにも応え、物流事業者で発生している様々な貨物事故の防止に貢献したいとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
三井住友海上 プレスリリース
http://www.ms-ins.com/news/fy2017/pdf/1213_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)