AIG損保、子どもの交通事故を未然に防ぐオンライン地図サービスを提供

子どもの交通事故を未然防止する「あんぜんmyマップ」

AIG損害保険株式会社は3月5日、子どもの交通安全推進に向け、交通事故多発エリアや事故発生リスクの高い地点を閲覧・投稿するオンライン地図サービス「あんぜんmyマップ」を、同日から提供すると発表した。
同サービスは、教師や保護者が、子どもと一緒にPCやスマホなどを用いて交通事故発生リスクの高いエリアを確認でき、子ども自身が事前に危険なエリアを認識して普段から注意することにより、交通事故の未然防止につながるものとなる。
日本全国の交通事故発生データ3年分が、予め「あんぜんmyマップ」に組み込まれていて、危険度を色別で表示することで、その地域の危険エリアがひと目で確認できるようになっている。
さらに、保護者や教師が子どもに危険だと感じた場所について、その理由のコメントとともに投稿する機能もあり、交通安全のための地図を地域全体で作り上げていくことができるとのこと。

ひと目で分かる視認性の高い地図サービス

同サービスの特徴は、交通事故の発生場所を被害に遭った子どもの数別に異なる色で表示し、子どもでもひと目で分かる視認性の高い地図サービスという。
また、日本全国の情報をカバーしていて、自宅や学区周辺だけでなく、遠足や修学旅行などのように学区外へ初めて出かける際にも活用できるものとなる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
AIG損害保険株式会社 プレスリリース
https://www.aig.co.jp/sonpo/company/press/20180305
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)