損保ジャパン日本興亜、新サービス『THEすまいのハザードマップ』の本格リリース開始

『THEすまいのハザードマップ』の本格リリース開始

損害保険ジャパン日本興亜株式会社は3月8日、公的機関等が開示するハザードマップに同社の保険金支払実績データを加えた、オリジナルのハザードマップ『THEすまいのハザードマップ』を、この4月から提供すると発表した。
このところ、地震・台風等の自然災害の増加に伴い、顧客の災害に対する意識が高まっていることから、同社は最新のデジタル技術を活用することで、地震発生確率や洪水時の想定浸水深、土砂災害危険箇所などの自然災害リスクを可視化した、独自の総合的ハザードマップサービスを開発したという。
このサービスは、同社の代理店が顧客に対して火災保険・地震保険の提案や更新時点で案内する情報提供ツールとなり、顧客自身が居住する地域の自然災害リスクを正しく理解してもらうことで、加入する保険に対しての納得感をより深めてもらうことを目的としている。

住所入力で、その場所のリスクを判定・表示

サービスの主な特長としては、公的機関等が公表している種々のデータと同社が保有している保険金支払データを、GIS(Geographic Information System:地理情報システム)の技術を活用して集約し可視化するため、顧客の住所を入力すれば、ピンポイントでその場所のリスクを判定・表示することができる。
また、災害ごとの事故事例の写真や支払保険金の事例などを掲載していて、自然災害のリスクを具体的にイメージできる。
さらに、自然災害などのハザードマップのほか、緊急時の最寄りの避難施設情報、顧客のリスク度合いに応じた補償内容の推奨情報も表示が可能となっている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 プレスリリース
http://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/news/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜
(記事提供:スーパー・アカデミー)