生命保険契約満足度でプルデンシャル生命が1位に! J.D.パワーの調査

「2018年 生命保険契約満足度調査」結果を発表

株式会社ジェイ・ディー・パワー アジア・パシフィックは3月14日、同社が行った「2018年 生命保険契約満足度調査」の結果を発表した。
この調査は、年に1回、直近1年以内に生命保険を新規に契約するか更新手続きを行った顧客を対象に、契約プロセスでの保険会社に対する満足度や各種活動実態を明らかにするもので、調査の実施は2017年12月にインターネットにて行い、10,016人からの回答をまとめたものとなる。
また顧客満足度の測定に当たっては、総合満足度に対する影響度の大きい順に、「顧客対応」(34%)、「手続・書類」(28%)、「支払保険料」(20%)、「商品提供」(18%)の4つのファクターとともに、ファクター毎の詳細項目に対する評価を基に、顧客の総合満足度を1,000点満点で算出している。

この結果、全25社が顧客満足度ランキング対象となり、このうちプルデンシャル生命が671ポイントで総合満足度の1位となった。なお同社は、「顧客対応」(業界平均より+53ポイント)、「手続・書類」(同+44ポイント)で最高評価だったという。
また、2位は「商品提供」(業界平均+31ポイント)で最高評価を獲得したソニー生命(663ポイント)となった。

契約後にきちんと説明することも高い顧客満足度に

そして、保険募集人による説明に対する顧客満足度を分析すると、「次回に更新する内容」、「保険金・給付金の請求手続き」、「請求時の連絡先」に関する説明があった場合の満足度が高かったという。
その一方で、「主契約の保障内容」、「特約の種類と内容」、「保険金や給付金が支払われるケース」、「保険料の支払方法の種類とその金額」に関する説明への満足度が低いことが判明したとのこと。
このため、商品・契約内容に関する説明だけでなく、契約後に顧客が何をすればよいかをきちんと説明することが、高い顧客満足度につながることも明らかになったとしている。 
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
株式会社ジェイ・ディー・パワー アジア・パシフィック プレスリリース
http://japan.jdpower.com/ja/2018/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)