明治安田生命、高齢加入者をフォローする「MYアシスト+」制度を創設

高齢加入者をフォローする「MYアシスト+」制度の創設

明治安田生命保険相互会社は3月16日、超高齢社会の進展と同社の契約者の高齢化等を踏まえ、高齢者へのアフターフォロー態勢高度化の一環として、自力での手続きが難しい顧客をサポートする「MYアシスト+」(マイアシストプラス)制度を新たに創設、4月23日から運用を開始すると発表した。
同制度は、自力での手続きが難しい顧客をサポートする同社のサービス・取り組みの総称となる。
この主なサービス・取り組み内容には、1)同社職員の「代筆」による、生命保険に関する諸手続きのサポート、2)専任担当者が顧客をサポートする「アシスト・デスク」の設置、3)点字やQRコードを用いた「アシスト・カード」の発行、がある。
利用対象者は、加齢等に伴い生命保険手続きの際に支障がある顧客が対象(意思能力があることが前提)となり、例えば、視力低下等により帳票や画面の文字が読みとれない場合や、手の機能低下等により記入や署名が難しい場合などが該当するという。
これまでも同社は、営業職員による定期的な訪問を通じた請求有無等の確認活動や、「MY安心ファミリー登録制度」、「MY長寿契約点検制度」等を展開し、アフターフォローの充実に取り組むとともに、各種手続き時に使用する請求書類の分かり易さの向上や提出書類の簡素化等に取り組んできている。
一方で、顧客の加齢等に伴う視力・聴力の低下や長期療養および後遺症等により、生命保険の手続きの際に自筆困難等の支障が生じるケースが散見されたことから、そうした顧客の声を受け止め、さらなる利便性向上を図るため同制度を創設したとしている。

「アシスト・カード」でスムーズな手続きをサポート

このサービスメニューには、同社職員が契約者の自宅等に訪問しての「代筆サポート」があり、生命保険への加入や加入後の手続きについて「代筆」によりアシストするという。
また、「アシスト・デスク」の設置により、顧客の契約内容や手続きについての問い合わせに際し、専任の担当者が電話や専用メールで直接応えることや、同社職員による代筆手続きの際に、電話で内容の説明や手続きおよび代筆の意思確認などを行うという。
さらに、「アシスト・カード」の発行(制度への登録)により、顧客は、カードに点字で表示されている専用フリーダイヤルやQRコードを用いて、すぐに「アシスト・デスク」に連絡すること
ができるほか、同社は登録番号からすぐに契約や顧客の状態を確認し、スムーズな手続きをサポートするとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
明治安田生命保険相互会社 プレスリリース
http://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/