三井住友海上など、グループ共同でキャットボンド(大災害債)を発行

キャットボンドをグループ共同で発行

MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険株式会社とあいおいニッセイ同和損害保険株式会社はこのほど、国内自然災害リスクを対象とするキャットボンド「Akibare Re 2018-1」を共同発行した。
キャットボンドは、一般に大災害債券とも言われ、普通の社債より高い利率となるものの、地震や台風などの自然災害が発生した場合に、投資家の償還元本が減少する仕組みの債券となる。
今回両社が発行するキャットボンドは、国内の台風リスクとともに、損害保険業界では初めてとなる洪水リスクを対象としている。
さらに、三井住友海上が発行するキャットボンドは、地震火災費用のリスクも対象としていて、地震や噴火またはこれらによる津波を原因とする火災で一定割合以上の損害が発生した場合、保険金が支払われるという。
また、ともに固定部分の利回りは、1.90%と低廉な水準を実現している。同社グループは、今後も再保険やキャットボンドの適切な活用を通じて、リスク管理を強化し、経営の健全性向上に努めていくとしている。

自然災害損害が設定条件を超過すると保険金支払い

なお、このキャットボンド「Akibare Re 2018-1」は、英領バミューダに設立した特別目的会社の「Akibare Re Ltd.」を通じて、三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保の2社から、機関投資家向けに発行したものとなる。
国内自然災害によって生じた損害が予め設定した条件を超過した場合、その超過額に応じて投資家へ償還予定の元本の一部または全部を、再保険金として充当するとのこと。
(画像は三井住友海上のHPより)


▼外部リンク
三井住友海上火災保険株式会社 プレスリリース
http://www.ms-ins.com/news/fy2018/pdf/0404_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)