セブン-イレブンと三井住友海上、「1DAYレジャー保険」の取扱を開始

手軽なオンデマンド型レジャー保険の取扱い開始

株式会社セブン‐イレブン・ジャパンと三井住友海上火災保険株式会社は4月16日、全国のセブン‐イレブン店舗(2018年3月末現在20,286店舗)に設置されている「マルチコピー機」を通じて「1DAYレジャー保険」の販売を、4月17日午前10時から開始すると発表した。これは、コンビニ業界では初めてという。
同商品は、セブン‐イレブンで現在販売している「1DAY保険」(1日単位の自動車保険)に続く、オンデマンド型の保険商品となる。
昨今、顧客のライフスタイルや価値観が多様化し、シェアリングエコノミーのように「必要なときに必要な分だけ使用したい」というニーズが高まっている。また、健康に対する意識の高まりやワークライフバランスの考え方が広がるなど、余暇の時間をレジャーに充てる方が増えていくことが予想されている。
このため、必要な補償を必要なときにだけ受けられる商品「1DAYレジャー保険」を、顧客に「近くて便利」なセブン‐イレブン(一部「マルチコピー機」未設置の店舗では取扱いがない)で提供することとしたもの。

2つのプラン(全10タイプ)が用意

この保険には、補償内容により、個人で加入しレジャー内容(全般、ゴルフ、ハイキング・軽登山、スキー・スノボ)に合わせて補償を選べる「ひとりひとり手厚くプラン」と、幹事などがレジャーの参加者をまとめて加入する「みんなまとめて安心プラン」の2つのプラン(全10タイプ)が用意されている。
店内の「マルチコピー機」で手続きを行い、プリントされた払込票を元にレジで支払いをすると、契約が完了することとなる。
なお、この特長は、店舗で契約の申し込み手続きから保険料支払いまで完結できることで、「1DAYレジャー保険」で入力した項目をそのまま引き継いで「1DAY保険」(1日単位の自動車保険)にもスムーズに加入できるとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
三井住友海上火災保険株式会社 プレスリリース
http://www.ms-ins.com/news/fy2018/pdf/0416_1.pdf
保険サイト
http://ehokenstore.com/1dayleisure/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)