損保ジャパン日本興亜、上越市と『地方創生に関する包括連携協定』を締結

上越市と『地方創生に関する包括連携協定』締結

損害保険ジャパン日本興亜株式会社は4月18日、上越市と『地方創生に関する包括連携協定』を、同日に締結したと発表した。
この協定の目的は、両者が防災・減災対策などの幅広い分野で相互に緊密な連携を図り、地域の一層の活性化と市民サービスの向上を図ることとしている。
上越市は、「上越市まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」の実現のため、「市民が主役のまちづくり」と7つの分野での政策・施策を、官民協働で推進している。
また同社は、「市民、行政、NPOなどとの地域の課題解決に向けた協働を通じ、持続可能な社会づくりに貢献すること」を、同社CSRの重点課題に掲げている。

各地域の特徴を活かした自律的で持続的な社会を創生

今回、同社は上越市に対し、それぞれ保有する知的・人的資源を有効に活用し、相互の連携と協力の強化により「上越市まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」の遂行と、地域の発展に寄与する旨の提案を行ったところ、協定を結ぶことになったという。
協定の主な内容としては、同社の強みや特徴が活かせる分野として、防災・減災、地域の安全・安心、健康づくりの推進、観光振興、女性活躍推進のほか、地方創生の取組みを掲げ、それぞれに関する業務・活動で連携を行うこととしている。
また同社は、今後も地方自治体と連携しながら、各地域がそれぞれの特徴を活かした自律的で持続的な社会を創生することに貢献していくとのこと。
(画像は損保ジャパン日本興亜HPより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 プレスリリース
https://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/topics/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜
(記事提供:スーパー・アカデミー)